年賀状は12月25日までに投函することで確実に1月1日に届きます。

1日に年賀状を届けてもらうためにも、余裕を持って年賀状の準備をするようにしましょう。

特に、年賀状印刷サービスを利用する場合は、早めに印刷の申し込みをしておくと早割が適用され、お得になることがあります。

今回は年賀状を1日に着くようにするための方法について紹介します。

フタバの年賀状印刷サービスなら、「年賀状はフタバ」のサイトからのお申し込みで、最大50%割引の料金で高品質の年賀状を印刷することができますよ

ご自宅に印刷した年賀状をお届けする送料と宛名印刷は無料でご利用いただけるので、さらにお得です。

年賀状の受付期間と配達される日について

受付期間

年賀はがきの受付期間は、例年12月15日~12月25日までです。この期間内に年賀状を投函すると、1月1日の朝に配達してもらえます。

26日から28日までに年賀状を投函した場合でも、できるだけ1日の間に配達してもらえますが、確実に1日に届けられるわけではありません。

一方で、12月14日より前に投函すると、年内に届いてしまうので注意が必要です。

1月1日に確実に年賀状を届けたい場合は、12月15日∼25日の間に年賀状を投函しましょう。

12月25日にポスト投函する場合

年賀状を出す方法には、郵便局の窓口に直接持ち込む方法と、ポストに投函する方法の2種類があります。

ポスト投函の場合は、12月25日に出しても元旦に間に合わない可能性があるので注意が必要です。

ポスト投函には最終集荷時刻があり、これを過ぎると翌日26日の集荷になるため締切に間に合わなくなってしまいます。

年賀状をポストに投函して出す場合は、投函するポストの最終集荷時刻を事前に確認しておきましょう。

25日を過ぎてしまったら

同一の都道府県内への年賀状は、12月28日の午前中の集荷分に間に合うように投函すれば、1月1日に届けられる可能性があります。

隣接する都道府県への年賀状は12月27日の夕方の集荷分までが、1日に届けられる可能性がある締め切りです。

それ以降に年賀状を出す場合は、郵便局の窓口に行って直接出せば間に合う場合もありますが、基本的には1/3以降に届きます。

1月1日に間に合いそうにない場合

1月1日に年賀状が間に合いそうにない場合でも「1月3日」までに届くのであれば、遅れたお詫びの言葉を入れなくても問題はありません。

ただし、1月1日を過ぎてしまうと、文面に『元旦』の言葉は使えないので注意が必要です。

年賀状が1月3日以降に届く場合は、年賀状が遅れたことへのお詫びの言葉をましょう。

年賀状を遅れて出す場合の文例を以下に紹介します。

目上の方への文例

新年おめでとうございます

ご丁寧にお年賀のご挨拶をいただきましてありがとうございました

年末年始にとりまぎれ新年のご挨拶が遅れましたことを

深くお詫び申し上げます

ますますのご健勝とご繁栄をお祈り申し上げます

 

 

目上の方以外への文例

あけましておめでとうございます

ご丁寧な年賀状をいただきありがとうございました

年末より留守にしていたため

ごあいさつが遅れてしまい申し訳ございません

本年もどうぞよろしくお願いいたします

 

 

年賀状の返信が遅れてしまう場合でも、メールではなく年賀状で返すのがマナーです。

年賀状を受け取ったのにもかかわらず、新年の挨拶をメールで返信すると、手を抜いていると思われてしまうかもしれません。

できるだけ心を込めて、年賀状で返信しましょう。

年賀状の文例について詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。
一般にもビジネス関係にも使える年賀状挨拶の文例を紹介!添え書きの一言やマナーについても解説

どんなに遅くても松の内までには送ろう

年賀状のマナーとしては、『松の内』までに届くように年賀状を出せば、失礼にはならないとされています。

松の内とは、もともと家の前に門松を飾っておく期間のことを指す言葉です。

松の内の期間は地域によって1週間ほど差がありますが、一般的には1月1日∼1月8日とされています。

松の内を過ぎてしまう場合

寒中見舞いとして出す

年賀状が松の内を過ぎて届いてしまう場合は、年賀状ではなく寒中見舞いとして新年の挨拶をするのがマナーです。

松の内を過ぎているのにもかかわらず年賀状として出してしまうと失礼にあたるので注意しましょう。

寒中見舞いの時期は、一般的に松の内明けから立春までとされています。

2022年は、1月8日∼2月4日が寒中見舞いの時期です。

寒中見舞いには、年賀はがきではなく通常はがきや私製はがきを使います。

年賀はがきが余っていた場合でも、1月7日以降に送る場合は使わないように気をつけましょう。

また、寒中見舞いは、喪中の方への年賀状代わりや喪中はがきとして送ることができます。

寒中見舞いの目的によって、マナーや文例が変わるので注意が必要です。

年賀状の返信として寒中見舞いを出す場合は、上記で紹介したようなお詫びの文面を忘れないようにしましょう。

喪中の方への年賀状として出す場合は、新年を祝う言葉や写真入りの寒中見舞いは避けるのがマナーです。

相手への配慮を忘れないようにしましょう。

確実に年賀状を1月1日に配達してもらうための注意点

年賀状を確実に1日に配達してもらうためには以下のポイントに注意する必要があります。

・郵便番号は指定された番号枠に書く

・住所を明確に書く

・送る相手の名前を正しい名前で書く

・異物を貼り付けていたり加工して曲がったりしている物は送らない

 

一見すると普通のことではありますが、これらが守られていないと郵便局での年賀状の仕分けに時間がかかり、配達に日数がかかってしまう可能性があります。

年賀状の仕分けは機械が行なっているため、郵便番号が1枠ずれてしまっていた場合、そのまま読み取られてしまいます。

たとえば、東京都世田谷区の郵便番号「155-0031」が1枠分左にずれていた場合「550」と読み取られるので、世田谷区ではなく大阪府に輸送されてしまうでしょう。

早く正確に年賀状を届けてもらうためには、住所を省略せずに正しく書くことも重要なポイントです。

部屋番号のほか、アパート名やマンション名を省略してしまうと、送り先に正しく届かないこともあります。

送りたい相手の名前が間違っている場合も、送り先とは別の住所に届いてしまう可能性があるので注意が必要です。

また、名前を間違えてしまうのは相手にとって失礼にあたるので、よく確認しましょう。

そのほか、年賀はがきを過度に加工してしまうと機械での仕分けができず、1月1日に配達されない可能性があります。

重さや大きさなどが変わってしまうと、定型郵便外の扱いになり、追加料金を払わなければ配達されません。

そのため、特に急いでいる場合などは、年賀はがきに加工はしないほうがよいでしょう。

年賀状を1月1日に届けるための理想的なスケジュールとは?

年賀状を1日にしっかりと届けるためには、まずは住所録の整理などは11月中を目安に済ませておく必要があります。

次に、年賀状の印刷は、12月上旬までに注文しておきましょう。

時間の余裕が生まれるだけでなく、印刷サービスを利用すると早期注文割引を受けられる場合があるので、お得に年賀状を印刷できますよ。

印刷が完了したあとは手書きのメッセージを添えるなどして、12月25日までに郵便局へ持っていくかポストへ投函すれば、確実に1日に年賀状を届けてもらうことができますよ。

年賀状を書く際の基本マナー

年賀状の基本的な構成

年賀状は、以下のような構成で書くのが基本です。

賀詞・挨拶前文:昨年お世話になったお礼

本文:今年も変わらぬ付き合いや指導をお願いする言葉、近況・今年の抱負など

結びの言葉:相手の健康や幸せを祈る言葉

 

年賀状のマナー

新年を祝う言葉や敬語は間違えやすいので、十分に注意しましょう。

たとえば、「元旦」は「1月1日の朝」を指す言葉であるため、「元旦 1月1日」という表記は間違いです。

また、忌み言葉や句読点は避けるのがマナーです。

忌み言葉である「去」は「去年」のように使われがちですが、年賀状では「昨年」「旧年」と表記しましょう。

詳しい年賀状のマナーや宛名の書き方について知りたい方はこちらの記事もご覧ください。
【年賀状のマナー】基本や書き方のほか、会社でビジネス年賀状を出す時のマナーについても紹介

手書きのメッセージを添える場合

印刷された年賀状に手書きのメッセージを添える場合は、印刷された文章と同じようなメッセージは避けましょう。

また、年賀状の手書きメッセージには、暗い話題ではなく明るい話題が適しています。

できるだけ添えるメッセージには配慮し、新年にふさわしい明るい文面を心がけるとよいでしょう。

添え書きについて詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。
【年賀状の一言】添え書きには何を書けばいい?送る相手ごとのマナーや文例について紹介!

年賀状を印刷するならフタバ

フタバの年賀状サービスなら、印刷のお申し込みから最短で翌日には出荷をし、ご自宅までお届けいたします。

ですので、12月25日までの投函にも間に合うように、余裕を持って年賀状を用意することができますよ。

また、お早めにご注文いただくことでお得な割引サービスが適用されます!

詳しいサービス内容については以下をご覧ください!

フタバなら年賀状をお得に印刷できます!

送料無料

宛名印刷無料

最大50%割引

2,750円(税込)以上のご注文で無料フォトブックプレゼント

 

『年賀状はフタバ』のサイトから直接お申込みいただくと「最大50%割引」で年賀状を印刷ができるキャンペーンを開催中です。

また、正午までのご注文で即日印刷・翌日発送に対応しておりますので、お急ぎの場合もご利用いただけます。

スマホから5分で申し込み完了

フタバの年賀状印刷サービスは、初めての方でもカンタンに注文可能。

スマホから5分でお申込みいただけます。

(パソコンやタブレットからのお申込みも可能です。)

年賀状印刷専門店ランキングで5冠達成!

フタバの年賀状印刷サービスは、「印刷技術が高い印刷会社」「上質な年賀状」「品質がよい年賀状」「50枚あたりの料金が安い年賀状」「印刷料金が安い年賀状」の部門で、第1位を獲得いたしました。

※2020年 株式会社DOUBLEによる年賀状印刷サービスに関するアンケート調査

高い品質を保証

年賀状印刷業を開始して30年のフタバは、その経験と実績から高い品質が評価されています。

さらに、フォトアルバム事業も展開しており、写真年賀状の印刷技術も納得いただける品質でお届けいたします。

年賀状で思いを伝えたいあなたへ

フタバの年賀状は、定番の干支デザインや、人気のディズニーキャラクター年賀状、お気に入りの写真を使ったオリジナル年賀状など、豊富なデザインを取揃えております。

また、俳画作家や絵手紙アーティスト、イラストレーターなど、プロのデザイナーが手掛けたオリジナルデザインも人気です。

年に一度のご挨拶。大切なあの人へ、日頃お世話になっている方へ、素敵な年賀状を送りましょう。


年賀状印刷はフタバ

まとめ

年賀状を1月1日に配達してもらうためには、12月25日までに投函しましょう。

1日を過ぎてしまった場合でも、松の内までに届けば問題はありません。それ以降になってしまう場合は、寒中見舞いで新年のあいさつをしましょう。

スムーズに年賀状を配達してもらうためには、投函する際の注意点をしっかりと守って年賀状を出すことが大切です。