年賀状を1月1日につくようにするためには、12月25日までに投函することで確実に1日に届きます。

1日に年賀状を届けてもらうためにも、余裕を持って年賀状の準備をするようにしましょう。

特に、年賀状印刷サービスを利用する場合は、早く印刷の申し込みをすることで早割が適用されるのでお得になることがあります。

今回は年賀状を1日に着くようにするための方法について紹介します。

フタバの年賀状印刷サービスなら、「年賀状はフタバ」のサイトからのお申し込みで、最大50%割引の料金で高品質の年賀状を印刷することができますよ。

ご自宅に印刷した年賀状をお届けする送料と宛名印刷は無料でご利用いただけるので、さらにお得です。

フタバの年賀状印刷サービスについて詳しくはこちら

年賀状の受付期間と配達される日について

受付期間

年賀はがきの受付期間は、例年12月15日から12月25日までです。この期間内に年賀状を投函すると、1月1日の朝に配達してもらうことができます。

26日から28日までに年賀状を投函した場合でも、できるだけ1日の間に配達してもらえますが、確実に1日に届けられるわけではありません。

確実に1日に年賀状を届けたい場合は、25日までに必ず年賀状を投函しましょう。

12月14日より前に投函した場合は、年内に届いてしまうので注意が必要です。

25日を過ぎてしまったら

同一の都道府県内への年賀状は、12月28日の午前中集荷分に間に合うように投函すれば、1月1日に届けられる可能性があります。

隣接する都道府県への年賀状は12月27日の夕方集荷分までが、1日に届けられる可能性がある締め切りとなっています。

それ以降に年賀状を出す場合は、郵便局の窓口に行って直接出せば間に合う場合もありますが、基本的には1/3以降に届きます。

1日に間に合いそうにない場合

1月1日に年賀状が間に合いそうにない場合でも「1月3日」までに届くのであれば、遅れたお詫びの言葉を入れなくても大丈夫です。

ただし、1月1日を過ぎてしまうと、文面に『元旦』の言葉は使えないので注意しましょう。年賀状が1月3日以降に届く場合は、年賀状が遅れたことへのお詫びの言葉を書き、「挨拶が遅れてしまい失礼いたしました」といったように、シンプルに伝えるのがよいですよ。

どんなに遅くても松の内までには送ろう

年賀状のマナーとしては、『松の内』までに届くように年賀状を出せば、失礼にはならないとされています。

松の内とは、もともと家の前に門松を飾っておく期間のことを指す言葉です。

松の内の期間は一般的には1月7日とされますが、地域によって1週間ほど差があるので注意しましょう。

松の内を過ぎてしまう場合

寒中見舞いとして出す

年賀状が松の内を過ぎて届いてしまう場合は、年賀状ではなく寒中見舞いとして新年のあいさつをするのがマナーです。

松の内を過ぎて年賀状として出してしまうと失礼にあたるので注意しましょう。寒中見舞いには、年賀はがきではなく通常のはがきを使います。

年賀はがきが余っていた場合でも、1月7日以降に送る場合は使わないように気をつけましょう。

確実に年賀状を1日に配達してもらうための注意点

年賀状を確実に1日に配達してもらうためには、いくつかのポイントに注意する必要があります。

郵便番号は指定された番号枠に書く

住所を明確に書く送りたい相手の名前を正しい名前で書く

異物を貼り付けていたり加工して曲がったり湾曲している物は送らない

 

一見すると普通のことではありますが、これらが守られていない場合は、郵便局での年賀状の仕分けに時間がかかってしまい、配達に日数がかかってしまう可能性があります。

年賀状の仕分け絵は機械が行っており、郵便番号が1枠ズレてしまうと、そのまま読み取られてしまいます。

例えば、東京都世田谷区の郵便番号「155-0031」が1枠分左にズレていた場合「550」と読み取られてしまいます。そうなってしまうと、世田谷区ではなく大阪府に輸送されてしまいます。

速く正確に年賀状を届けてもらうためには、住所を省略せずに正しく書くことも重要なポイントです。

部屋番号のほか、アパート名やマンション名を省略してしまうと、送り先に正しく届かないことも。

送りたい相手の名前が間違っている場合も、送り先とは別の住所に届いてしまうことがあります。また、名前を間違えてしまうのは相手にとって失礼に当たりますので、よく確認しましょう。

そのほか、年賀はがきを過度に加工してしまうと、機械での仕分けができません。

重さや大きさなどが変わってしまうと、定型外郵便の扱いになってしまい、追加料金を払わないと配達されません。

そうなってしまうと、1月1日に配達されない可能性が出てきます。

ですので、特に急いでいる場合などは、年賀はがきに加工はしない方が良いと言えるでしょう。

年賀状を1日に届けるための理想的なスケジュールとは?

年賀状を1日にしっかりと届けるためには、どのようなスケジュールを組んで年賀状を印刷すればよいのでしょうか。

まずは住所録の整理などは11月中を目安に済ませましょう。

次に年賀状の印刷ですが、12月上旬までに注文すると時間の余裕があるだけでなく、印刷サービスを利用する際はは早期注文割引を受けられる場合があるので、お得に年賀状を印刷できますよ。

印刷が完了したあとは、手書きのメッセージを添えるなどして、12月25日までに郵便局へ持っていくか、ポストへ投函すれば、確実に1日に年賀状を届けてもらうことができますよ。

12月25日を過ぎてしまった場合は?

12月25日を過ぎてしまった場合でも、26日から28日までの間に投函すれば、年賀状が1日に届けてもらえることもあります。ただし、確実に1日に届けてもらえるわけではないので注意しましょう。

30日や31日に出した場合でも、同じ市内の近い地域に限れば、1日に届くこともあるようです。
基本的に、年賀状は1月7日の松の内までに届けば問題はありません。

1月7日を過ぎてしまう場合は、寒中見舞いに切り替えて新年のあいさつをしましょう。

年賀状を印刷するならフタバ

フタバの年賀状サービスなら、印刷のお申し込みから最短で翌日には出荷をし、ご自宅までお届けいたします。

ですので、12月25日までの投函にも間に合うように、余裕を持って年賀状を用意することができますよ。

宛名印刷の印刷料金と、送料は無料でご利用いただけます。

さらに、「年賀状はフタバ」のサイトからお申込みいただくと、最大50%割引の料金で印刷することができるので、お得に年賀状を印刷することができます。

年賀状印刷はフタバ

まとめ

年賀状を1月1日に配達してもらうためには、12月25日までに投函しましょう。

1日を過ぎてしまった場合でも、松の内までに届けば問題はありません。それ以降になってしまう場合は、寒中見舞いで新年のあいさつをしましょう。

スムーズに年賀状を配達してもらうためには、投函する際の注意点をしっかりと守って年賀状を出すことが大切です。