年賀状を出す場合は、印刷した物をそのままポストに投函してしまうと、なんだか味気ない年賀状になってしまいます。

せっかくの年賀状ですので、送る相手に対してメッセージを書くようにしましょう。

今回は、年賀状の文例について紹介します。

ですが、添え書きのメッセージはまだしも、年賀状の挨拶文は考えるのが少し難しいと感じる人も多いのではないでしょうか。

フタバの年賀状印刷サービスなら、年賀状の挨拶文をテンプレートから選択して選ぶことができるデザインの年賀状を印刷することができます

もちろん、挨拶文無しにすることもできるので、自分で挨拶文を書きたいという方でも大丈夫です。

挨拶文だけでなく、一言メッセージがしっかりと映えるような、相手に気持ちが伝わりやすいオリジナルデザインを豊富に取り揃えています。

さらに「年賀状はフタバ」のサイトから直接お申込みいただくことで、最大で50%割引の料金で年賀状を印刷することができるので、お得です。

一般的な誰にでも使える年賀状の文例

皆様のご健康とご多幸を心からお祈り申し上げます

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

 

旧年中はいろいろとお世話になり誠にありがとうございました

本年も何卒よろしくお願い申し上げます

友人に使える文例

ご無沙汰している友人

御無沙汰していますがお変わりなくお元気にされていますか

またお会いできる日を楽しみにしています

 

家族ぐるみで交流のある友人

皆様お変わりはありませんか

うちの長女は〇歳になり来年から小学生です

近々お会いできることを楽しみにしています

家族や親戚に使える文例

お世話になっている親戚

昨年はいろいろとお世話になり誠にありがとうございました

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

 

ご無沙汰している親戚

変わらずお元気にされていますか?

寒い日が続きますがお体にお気をつけて

 

両親

いつも何かと助けてもらって感謝しています

〇日に帰るので会えることを楽しみにしています

 

義理の両親

いつも温かいお心遣いをありがとうございます

本年がお義母様にとって最高の一年となりますように

目上の人に使える文例

恩師や先生

大変ご無沙汰しておりますが 変わらずお元気で過ごされていることと存じます

本年は同窓会を企画しており お目にかかれることを心待ちにしております

 

目上の人に向けて挨拶を書く時のマナー

目上の方へ出す年賀状では、より年賀状でのマナーを意識します。

事項でのマナー説明でも詳しく説明はありますが、賀詞やについては特に注意が必要です。

また文字を書く際に使用するペンや、使用する字・言葉にも注意を払うようにしましょう。

ビジネス関係で使える文例

会社の上司

旧年中は並々ならぬご厚情を賜り厚く御礼申し上げます

本年も昨年同様ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます

 

会社の同僚

昨年は大変お世話になりました

お互いにとってより良い一年になりますように

 

会社の後輩

力を合わせて本年をより良い年にしていきましょう

 

取引先

旧年中は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます

本年も変わらずご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます

 

顧客

旧年中のご愛顧を感謝致しますとともに 皆様のご繁栄とご多幸を心からお祈り申し上げます

今後とも末永く宜しくお願い申し上げます

 

定年退職後

在職中公私ともにお世話になりお世話になり厚く御礼申し上げます

今後とも変わらぬご厚誼を賜りますようお願いいたします

 

内定先

本年四月から貴社でお世話になります

至らぬ点も多いかと存じますが精一杯頑張る所存です

何卒ご指導のほど宜しくお願い申し上げます

 

ビジネス関係の人に年賀状を送る時のマナー

ビジネス関係の相手に年賀状を送る際、最も気を使う相手は上司に宛てる年賀状ではないでしょうか。

上司は目上に当たる人物のため、マナーを守り失礼のないよう好印象を与える年賀状を送りましょう。

年賀状には、書き出しに「賀詞(がし)」といわれる新年を祝うあいさつ文にあたる言葉を書きます。

年賀状でよく目にする「賀正」「初春」「迎春」などの二文字のものや、「賀」「福」「寿」などの一字のものは、字の持つ意味を見てわかる通り、祝う言葉を述べるだけのものであり、目上の方に宛てる年賀状に記載することは失礼に当たります。

上司に送る年賀状では相手に敬意を示す「謹」や「恭」などの字が含まれる、「謹賀新年」「恭賀新春」などの四文字の賀詞や、「明けましておめでとうございます」「謹んで新年のお慶びを申し上げます」「謹んで新春の寿ぎを申し上げます」などのあいさつ文を使用しましょう。

また、年賀状を送る上司におめでたい言葉が使用できない場合(入院・被災など)は、「謹んで年始の御挨拶を申し上げます」とあいさつ文のみを記載すると良いでしょう。

この場合、「年始」を「年頭」もしくは「初春」と置き換えても意味が同じですので構いません。

上司へ宛てる年賀状では、賀詞の後に

・「旧年は公私にわたり ご指導ご鞭撻をいただき 誠にありがとうございました」

・「昨年の経験を活かし 本年は御期待に沿えるよう 精進いたします」

・「本年も変わらぬご指導をお願いいたします」

 

などの、お世話になったことに対するお礼の言葉や、新年の抱負や決意の言葉を添えると良いでしょう。

取引先の方へ年賀状を出す際は、相手の立場に関係なく基本的な構成であいさつ文を構成しましょう。

まず初めに、上司宛の年賀状同様、失礼に当たらぬよう「謹んで新春のお慶びを申し上げます」や「恭賀新年」といった賀詞から書き始めます。

この際、自身の勤める企業の営業開始日・営業時間の変更などのお知らせがある場合は、お礼の後などに続けて記載しても構いません。

また、ビジネス上での年賀状では宛名書きのマナーにも注意が必要です。

宛先の会社名・肩書に間違いがあっては大変失礼です。

必ず正式名称を確認しておきましょう。

会社宛てに出す年賀状では、通常のビジネスでの手紙同様「○○会社御中」のように、会社名に「御中」を記入しましょう。

また会社内の特定の部署に宛てて年賀状を出す際では一行目に会社名を記入し、改行した二行目に「○○部○○課御中」「○○部 御一同様」と記入します。

年賀状で家族関係の報告をする場合の文例

結婚報告

シンプルな文例

あけましておめでとうございます

私たち結婚しました

これからもよろしくお願いいたします

 

結婚して初めての新年を迎えました

これからも楽しい家庭を二人で築いていきたいと思います

今年もよろしくお願いいたします

 

親戚に向けて感謝の気持ちを添える場合

ご厚情に深く感謝します

 

仲人に向けて

昨年は大変お世話になりました

誠にありがとうございます

 

目上の方に向けた丁寧な言い回し

謹んで新年のお祝いを申し上げます

このたび結婚いたしました

これからもお互いに助け合いながらあたたかい家庭を築いていきたいと思います

まだまだ未熟な二人ですが

ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします

 

入籍日を入れる場合

私たちは◯月△日に結婚しました

これからは二人で力を合わせ楽しい家庭を築いていきます

今年もよろしくお願いいたします

 

結婚式や披露宴に参加してもらった場合

先日はご多忙の中

私たちの結婚式(披露宴)にご出席いただきありがとうございました

皆様に祝福され素晴らしい1日を過ごすことができました

今後ともどうぞよろしくお願いいたします

 

 

結婚祝いをもらった場合

「このたびは私たちの結婚し際しご丁寧なお祝いをいただき誠にありがとうございます

まだまだ未熟な二人ではありますが今後ともご指導よろしくお願いいたします

 

出産報告

〇月〇日 第一子となる男の子(女の子)が誕生しました名前は〇〇です

よければ近いうちにご挨拶に伺わせてください

これからも親子ともどもよろしくお願いいたします

 

友人に向けた文例

〇月〇日 わが家に新しい家族が生まれました名前は〇〇といいます

初の子育てに戸惑うことも多いですが、毎日を楽しく過ごしています

落ち着いたらぜひ一緒に遊びに出かけましょう

 

上司など目上の人に向けた文例

〇月〇日 元気な女(男)の子を出産しましたのでご報告いたしますお陰さまで母子ともに健康です

勤務中は お心遣いを頂きまして感謝しております

これから育児休暇のためご迷惑をお掛けしますが また復帰した際はよろしくお願いいたします

 

結婚報告と出産報告を兼ねる場合

昨年結婚致しましたので報告させて頂きますまた〇月には新しい家族も誕生し我が家では賑やかな新年を迎えております

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます

 

出産報告と共に転居に関しても伝えたい場合

わが家に新しい家族が増えました元気な男(女)の子で名前は〇〇といいます

また新しい(左記)住所に転居致しまして にぎやかな毎日を送っています

お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください

 

出産報告が遅れてしまった場合

〇月〇日、新しい家族が誕生しました名前は〇〇です

初めての育児に余裕がなく ご報告が遅くなり申し訳ありません

我が家ではにぎやかな新年を迎えております

また改めて挨拶に伺わせてください

 

転居報告

昨年○○に転居し心新たに新年を迎えることができましたお近くへお越しの際はぜひお立ち寄りください

 

子どもの入園や入学

昨年〇歳を迎え今年小学校へと入学する長男と賑やかに正月を迎えることができました本年も親子共々よろしくお願いいたします

 

子どもの就職

あけましておめでとうございます少し前まであんなに小さかった○○も立派に成長し新年には社会人となります

今後とも変わらぬお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます

年賀状をもらった人に返事をしたい

年賀状をいただいた事への感謝と、こちら側の年賀状が一月一日を過ぎてしまったことへのお詫びの言葉を添えると、相手側の心証が悪くなることも避けられるでしょう。

年賀状をもらったら松の内までに出す

年賀状を出していない方から年賀状が届いた場合は、できるだけ早く年賀状を返します。

年賀状が届いたその日のうちに送るのが理想です。

年賀状に返信する際に「新年のご挨拶をいただきありがとうございました」のようなお一言を書き添えると、いかにも「年賀状が届いたから返しました」という感じが出てしまいます。

三が日までに返信できるのならば、とくにそのような一言は書かなくても失礼には当たりませんので、通常と同じように年賀状のメッセージを書けば問題ありません。

年賀状が遅くなってしまったことを詫びるメッセージを書き添える場合は、自分の都合によって年賀状を出すのが遅くなってしまった、という表現にしておくのが良いでしょう。

年賀状を投函する際は近所のポストや最寄りの郵便局ではなく、集配を行っている大きな郵便局まで直接持って行って出すことで、集荷に時間がかからないので、早く届く可能性があります。

また、一般的に年賀状は、1月7日の松の内までに届くようにするのがマナーです。

年賀状の返事の文例

新年の御祝詞をいただき誠に感謝いたしますこの度は年賀の御挨拶が遅れましたことを心よりお詫び申し上げます

本年も変わらぬご厚誼のほど宜しくお願い申し上げます

年賀状の挨拶の書き方

はがきの裏表

年賀はがき・通常の郵便はがきともに、宛先を書く面が表、文章やイラストを書く面が裏となります。

賀詞

賀詞には「寿」のような一字の物から「賀正」などの二文字のもの、「謹賀新年」などといった四文字のものまで種類は多岐にわたります。
これらは文字数や意味に関係なく裏面の冒頭部分である、右上もしくは最上部へと記載します。
賀詞というのは年始の挨拶であるため、」読み手に最初に読んでもらう必要があるためです。

添え書き

添書きは賀詞の次に記入します。
簡単な文面であれば印刷で一緒に印字されることも多いのですが、添書きはお世話になったことへの感謝や近況報告をする物ですのでなるべく自身の言葉で手書きするようにしましょう。

日付

賀詞や添書きなどのメッセージを記入した後は、日付を記入します。

一月一日に届くように出した年賀状であれば投函した日や書いた日に関係なく、一月一日と記入します。

ここで気をつけなければいけないのは、「一月一日」と「元旦」は同じ意味であるため、一緒に書くことがないようにすることです。

「令和〇年 元旦」「令和〇年 一月一日」どちらかで記入するようにしましょう。

差出人

最後に差出人についての情報を記入します。

住所、氏名は省略せずに記入するようにしましょう。

年賀状に一言添える「添え書き」

添え書きは手書きすると喜ばれる

近年では年賀状の作成をパソコンソフトや、印刷サービスを通じて行う方がほとんどです。

そういった場合、賀詞や簡単なあいさつ文などは印刷で済まされる方がほとんどでしょう。

しかし、印字された文字だけでは受け取った側にも気持ちが伝わりづらく、何となく味気ないものになってしまいます。

添え書きはたった一言でも構わないので、近況報告であったり新年の抱負など自身の言葉で手書きで書くようにすると相手に気持ちが伝わりやすくなります。

相手に関連したメッセージを意識しよう

相手の近況を知っている場合、子供の成長や仕事に関することなど、相手を意識した文章を書くようにすると印象が良くなるためおすすめです。

印刷文と内容が被らないようにしよう

年賀状では、同じ意味の言葉を重複して書くことはマナー違反であるとされています。

そのため、印刷された文字に「迎春」などとある場合、「あけましておめでとう」 などの文言は禁物です。

友人に向けた一言

仕事もプライベートもお互い頑張ろう!

親戚に向けた一言

近くに寄った際は遊びにいらしてください

気遣いの一言

お体に充分お気をつけて

感謝や幸せを願った一言

今年もより良い一年になりますように

次につながる一言

家族ともどもお会いできることを心待ちにしております

年賀状で挨拶を書く時のマナー

忌み言葉は避ける

年賀状に書く文章には、「忌み言葉」を避けて書くようにしましょう。

「忌み言葉」は不吉なことを連想させる言葉のことで、「死」「別」「失」「去」「絶」などを指します。

年賀状のようにおめでたい場面で使用すると縁起が悪いとされ、使用しないようにしましょう。

年賀状でありがちなミスとして、「去年」と書いてしまうことがありますが、「昨年」「旧年」と置き換えて使用しましょう。

句読点は付けない

年賀状では「、」「。」などの句読点は書かないことがマナーです。

その理由は、日本の昔ながらの風習に基づくもので、元来日本では手紙に句読点は使用していませんでした。

この風習から年賀状においても挨拶文などで句読点は使用しないことが通例です。

しかし句読点を入れていないがために読みづらくなる場合であれば、改行やスペースを入れるなどして、読みやすくなる工夫を心掛けましょう。

重複を避ける

年賀状では同じ意味を持つ言葉を重ねて使用することはマナー違反とされています。

よくある間違い例として、印刷した年賀状デザイン内で「謹賀新年」といった文言が印字されている中で、「あけましておめでとうございます」と書いてしまうことがあります。

この、「賀」という字には「おめでとう」というお祝いの意味があるため、手書きで「あけましておめでとうございます」を書くと意味が重複してしまうのです。

このような間違いのないよう、同じ意味の言葉を何度も使わないよう注意しましょう。

頭語や結語は書かない

頭語や結語とは、文字通り手紙の初めに書く言葉と最後に書く言葉のことです。

頭語なら「拝啓」などが一般的に使用され、結語である「敬具」「謹啓」「謹言」などがありますが、これらは年賀状に記載する必要はありません。

また、「新春の候」などといった時候のあいさつ文も不要です。

送る相手に合わせて文章を考える

結婚報告や妊娠・出産報告を、年賀状で行うことはごく一般的なことではありますが、年賀状を送る相手の状況などを考慮し、ある程度の配慮が必要な場合もあります。

例として、不妊治療中でなかなか子宝に恵まれない相手に、年賀状で出産報告などをしてしまうと、心象を悪くさせてしまうこともあるからです。

またそれと同様、目上の人に年賀状を送る際にも同様ですので注意しましょう。

暗い話は避ける

年賀状を送りあうお正月は、おめでたい行事ですので当然のことですが、相手が不快になるようなことや暗い気分になる報告は年賀状では避けましょう。

同様にネガティブなことを連想させる単語の使用も控えるようにしましょう。

相手の家族が読むことも考える

年賀状は手紙とは違い、封をせずに送るため、読むつもりはなくとも中に何が書かれているかほかの人からも見ることができてしまいます。

そのため、年賀状を受け取る本人にとって、家族などほかの人に知られたくないことを書かないようにすることは、最低限の配慮としてすべきことです。

友達や知人に対し、「病気」「離婚」といったネガティブな事柄を年賀状で伝える際には、相手方家族が心配したり不快になるような表現はなるべく避け、さりげなく名前の近くに添書きする程度にとどめておきましょう。

挨拶文入りの年賀状を印刷するならフタバで

ここまで年賀状の文例について紹介してきましたが、年賀状を準備するのって文章を考える他にも、自宅でプリンターを使って印刷しなければならないなど、何かと時間と手間がかかってしまいますよね。

フタバの年賀状印刷サービスなら、年賀状の挨拶文をテンプレートから選択して選ぶことができるので、かんたんにデザインと挨拶文を印刷することができます。

もちろん、挨拶文無しにすることもできるので、自分で挨拶文を書きたいという方でも大丈夫です。

挨拶文だけでなく、一言メッセージがしっかりと映えるような、相手に気持ちが伝わりやすいオリジナルデザインを豊富に取り揃えています。

宛名印刷の料金と、ご自宅にお届けする送料は無料でご利用いただけます。

さらに「年賀状はフタバ」のサイトから直接お申込みいただくことで、最大で50%割引の料金で年賀状を印刷することができるキャンペーンを実施中です。

スマホから5分で簡単にお申込みいただけるので、簡単かつお得に年賀状を印刷できますよ。

年賀状印刷はフタバ

まとめ

年賀状の文章は、きっちりルールやマナーを守って出さなければなりません。

特に目上の方に送る場合は気を付けましょう。

迷った場合は、ぜひ今回紹介させていただいた文例を参考にしてみてくださいね。

関連記事