ビジネス年賀状は何よりもマナーを守ることが重要です。相手に失礼のないような年賀状を送らなければなりません。

今回はビジネス年賀状のマナーや挨拶文の文例について紹介します。

ビジネス年賀状を一から自分で作るとなると、ふさわしいレイアウトやデザイン、文章までをすべて考えなければならないので大変ですよね。

フタバの年賀状印刷サービスなら、豊富なオリジナルデザインの中からビジネス年賀状にぴったりの格式高いデザインの年賀状を印刷することができますよ。

挨拶文のテンプレートのパターンも相手に合わせて変更することができるので、あとは添え書きのメッセージを考えるだけでかんたんにビジネス年賀状を作ることができます。

さらに、直接「年賀状はフタバ」のサイトからお申込みいただくと、最大50%割引の料金で印刷できるので、とてもお得に年賀状を印刷できますよ。

取引先にビジネス年賀状を出した方が良い?

メールやLINEなどが普及している現在では、プライベートに限らずビジネスの場面でも年賀状を出さないことも珍しい事ではなくなってきました。

まだ年賀状を出している方の中にも、必要性を感じられないまま惰性で続けているという方もいらっしゃることでしょう。

そもそも年賀状は、1年間お世話になったことへの感謝を伝え「今年もよろしくお願いします」という挨拶をするためのものです。

ビジネス年賀状はそのような年賀状の特色がとくに強い年賀状であると言えます。

年賀状を出さないことも増えてきたとはいえ、年賀状が届いたかどうかを気にする人は今でも少なからずいるものです。

そのため、ビジネス年賀状を出して損になることは少なくともありません。

個人間でのやり取りとまではいかなくとも、取引先へ会社側から年賀状を出すようにした方が、次の年も安心して仕事に取り組むことができるのではないでしょうか。

日頃から特にお世話になっている取引先の相手や社内の上司・先輩などには、個人的に年賀状を送るのも良いかもしれませんね。

ビジネス年賀状の書き方のポイント

裏面の書き方の基本

裏面の書き方は、基本的には

・賀詞
・旧年のお礼
・先方の幸福を祈る言葉、新年のお願い
・日付

 

といった内容を書くのが一般的です。

手書きのメッセージを添える

印刷しただけの年賀状だと、少し寂しい感じになってしまいあまり印象に残らないこともあります。

年賀状を送る際は何か一言メッセージを書いてから送るようにすると、相手の印象に残る年賀状になりますよ。

添え書きの内容は、日頃の感謝の気持ちや今年の目標などを書くのがおすすめです。

一言メッセージがあるだけで、気持ちが伝わる、もらって嬉しい年賀状になります。

ビジネス年賀状のマナー

企業名は省略しない

企業名を省略して書くことはマナー違反に当たるので避けましょう。

株式会社→(株)と書いてしまったり、有限会社→(有)と略して書くのは失礼にあたります。

ビジネス関係の文書において省略をするのはマナー違反にあたりますので、年賀状でも省略しないように注意する必要があります。

敬称は正しく使う

ビジネス年賀状では「様」や「御中」などの敬称の使い方に気を付ける必要があります。

人の名前には様、会社名には御中をつけるのが基本的な敬称のルールです。

まれに様と御中を併用している場合を目にしますが、人名が書いてある場合は会社名に敬称をつけないようにしましょう。

ただ、例外として医師や弁護士など「先生」と呼ばれる職業の方に対しては、敬称に様ではなく先生を使う場合もあります。

部署名や役職に間違いがないか確認する

頻繁に連絡を取り合っている人であれば間違えることはほぼないと思いますが、たまにしか取り引きをしていない場合や、しばらく連絡を取っていない間に、部署や役職が変わってしまっている可能性があります。

宛名の書き方が合っていたとしても、個人の部署名や役職が間違っていたら大変失礼にあたるので、変更がないか事前に確認をしておきましょう。

レイアウトは縦書きで書く

ビジネス年賀状のレイアウトは縦書きにしましょう。

横書きの年賀状は一般的にカジュアルなイメージが強いため、縦書きがベストであると言えます。

また、宛名の住所の番地などの数字は漢数字を使うのが基本です。

「一二」など連続で縦書きにすると読みにくい数字の場合は、「十」を使って「十二」と書いても問題ありません。

賀詞は4文字のものか文章にする

年賀状の賀詞にはいろいろな種類がありますよね。

ですが、ビジネス年賀状では2文字の賀詞はマナー違反になります。

というのも「賀正」「迎春」のような2文字の賀詞というのは略された賀詞ですので、先述したように、略式で書いてはいけないビジネス年賀状には向きません。

賀詞は「恭賀新年」や「謹賀新春」など4文字の賀詞にするか、「謹んで新春のお慶びを申し上げます」のような文章の賀詞にしましょう。

賀詞などが重複しないようにする

賀詞で気を付けなければいけないもう一つのポイントとして、4文字の賀詞と文章の賀詞を重複させないようにしなければなりません。

例えば、「謹賀新年」と書いているのに「明けましておめでとうございます」と手書きで書いてしまうのは、賀詞の重複にあたります。

「明けましておめでとうございます」と2回同じ意味の文面を書いている事になってしまい、文章としておかしくなってしまいます。

4文字の賀詞と文章の賀詞を併用しない気を付けましょう。

句読点を使わない

年賀状は1年の御礼と無事に新年を迎えたことを祝うためのおめでたいものになります。

ですので、年賀状の文章に句読点をつけてしまうと、おめでたいことに「区切りをつける」ことになってしまうので、縁起が良くありません。

日本ではそういったげん担ぎのような古くからの習慣が根強く残っているため、年賀状を出す際は句読点に気を付けましょう。

また、年賀状のような正式な文章で句読点をつけると、相手に対して「句読点がないと文章が読めない人」というような意味合いも含んでしまいます。

ですので、句読点を避ければ、相手に対して敬意を払うことにもなります。

!や?のような感嘆符も使わないようにするのがマナーです。

忌み言葉は避ける

忌み言葉とは「終わる」「切る」「失う」「去る」など縁起が悪いとされている言葉です。

「去年」や「失礼」などはついつい使ってしまいがちですので注意しましょう。

忌み言葉を使ってしまうと、マナーを知らないと思われてしまいかねませんので注意しましょう。

必ず元旦に届くように投函する

ビジネス年賀状を個人宛に送る場合は、必ず元旦に届くようにしましょう。

どんなにマナーを守っていたとしても、元旦に届かないと失礼に当たってしまいます。

企業宛に出す場合でも、仕事始めの日までには年賀状が届くようにしなければなりません。

年賀状の準備が終わったら、日本郵便が年賀状を引き受けている期間中にポストに投函するか、郵便局の窓口に出しに行きましょう。

期日に余裕があるからといって後回しにしていると、いつの間にか期日を過ぎてしまっていたという可能性も考えられます。

年賀状を確実に元旦に届けるためには、12月25日までに出さなければなりません。

元旦までに年賀状を確実に届けたい方はこちらの記事もご覧ください。
年賀状を1日に着くようにするにはいつまでに投函すればいい?

ビジネス年賀状の文例

ビジネス年賀状で使える挨拶文について以下にまとめてありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

謹賀新年
旧年中はご厚情を賜り有難うございました
今年も変わらぬお付き合いのほど 何卒よろしくお願いいたします

 

謹んで新春のお慶びを申し上げます
昨年は格別のお引き立てにあずかりまして大変ありがとうございました
貴社ますますのご発展と皆様のご活躍を心よりお祈り申し上げます
どうぞ本年もよろしくお願いいたします

 

新年おめでとうございます
旧年中は大変なご支援を頂き誠にありがとうございます
今後もご期待に添えるよう努力して参ります
本年もどうかよろしくお願いいたします

ビジネス年賀状のデザインはどうするべき?

落ち着いた雰囲気のものを選ぶ

ビジネス年賀状のデザインは、カラフルで派手なデザインのものは控えるようにしましょう。

その年の干支などのイラストが入った物は定番のデザインですが、派手な柄やポップなもの、ふざけすぎたデザインは避けましょう。

年賀状を相手の自宅宛てに送る場合は、相手のご家族も目にするということを頭に入れておきましょう。

家族写真などは控える

家族写真を年賀状印刷して送る人も多いと思いますが、ビジネス年賀状の場合はあまり好ましくありません。

家族ぐるみで付き合いがある相手の場合は構いませんが、そうでない場合は写真付きの年賀状を送らないように注意する必要があります。

あくまでもプライベートとは分けて考えるようにしましょう。

ビジネス年賀状のテンプレートをダウンロードできるサイトを紹介

キヤノン

キャノンの年賀状素材は、定番のテンプレートだけでなく、洗練されたおしゃれなデザインや人気作家がデザインしたものなども多数あります。

また、スタンプや背景などで自分好みにカスタムできるよう、素材の種類も豊富です。

「謹賀新年」などの賀詞やその年の干支のイラストなど、さまざまな色やフォントのスタンプがあるため好みに合わせて自由に選ぶことができます。

そういったカテゴリーの中でも、かわいらしいもの・華やかなもの、定番のデザインなど、どのようなデザインがいいかイメージごとに探すこともできるのもポイントです。

もちろん、ビジネス年賀状に使える素材も豊富に選ぶことができます。

エプソン

エプソンでは干支やだるまなどのイラストや背景など、豊富な素材から好みのものを選んでレイアウトするオリジナルプリントと、完成されたデザインから選択して印刷するだけの手軽な方法の2つから選ぶことができます。

1.アプリケーションを立ち上げる
2.好きな素材を選択する
3.編集画面で組み合わせる

たった3ステップで簡単に年賀状が印刷できます。

自分で好きにレイアウトできるだけでなく、テンプレートのデザインも豊富なので、ビジネス年賀状を作るのにも最適です。

ブラザー

ブラザーはすべて無料でテンプレートをダウンロードすることができます。

種類も豊富で、定番ともいえるベーシックなテンプレートだけではなく、ビジネス関係の方に向けたデザインの素材など1000点以上のパターンが揃っているので、好みのデザインがきっと見つかりますよ。

J:COM

J:COMの年賀状テンプレートはそのまま使えるものと、自由にカスタマイズすることのできる素材のすべてを無料でダウンロードすることができます。

特にビジネス関係の相手にも送るのに適しているフォーマルなデザインが豊富です。

デザイン素材は500点と種類はそこまで多くありませんが、デザイン選びに悩みたくないという方にはおすすめです。

デザインのテーマ別に分類されているので、ビジネス年賀状をかんたんにデザインすることができます。

ビズオーシャン

ビズオーシャンの年賀状は、筆タッチのフォーマルなテンプレートなどビジネス年賀状にぴったりなデザインが取り揃えられています。

特徴の一つとして、プロが手がけるおしゃれなデザインも取り揃えており、ダウンロードすることができます。

また賀詞や干支のスタンプも用途に合わせて選ぶことができます。

レパートリーが豊富ですので、ワンポイントで気の利いたデザインが欲しい時に大変便利です。

また、宛名印刷ができたり、ビジネス年賀で使える年始の挨拶など便利なコンテンツも使うことができます。

 

年賀状のテンプレートについて更に詳しく知りたいという方はこちらの記事もご覧ください。
年賀状をテンプレートから印刷する方法とは?宛名印刷を楽にできるサービスについても紹介

ビジネス年賀状を出すならフタバ

ここまでビジネス年賀状について紹介してきましたが、マナーを気にしながら一から自分でビジネス年賀状を作ろうとなると中々大変そうですよね。

レイアウトやデザイン、挨拶分に添え書きなど、すべて自分で考えて作らなければならないとなると、時間と手間がかかってしまいます。

フタバの年賀状印刷サービスなら、豊富に取り揃えているオリジナルデザインの中からビジネス年賀状にぴったりの格式高いデザインの年賀状を印刷することができます。

挨拶文のテンプレートのパターンも相手に合わせて変更することができるので、あとは添え書きのメッセージを考えるだけでかんたんにビジネス年賀状を作ることができて便利です。

宛名印刷の料金も無料なので、宛名の書き方やレイアウトに悩むことなく年賀状を印刷できますよ。

さらに、直接「年賀状はフタバ」のサイトからお申込みいただくと、今なら最大で50%割引の料金で年賀状印刷ができるキャンペーンを開催しています。

スマホから5分でお申込みしていただけるので、簡単かつお得に年賀状を印刷できますよ。

年賀状印刷はフタバ

まとめ

ビジネス年賀状では、マナーの他にもデザインやレイアウトにも気を付けるようにしましょう。

特に、個人宛に年賀状を出す場合は必ず元旦に届くように投函しなければなりません。

企業宛に出す場合でも、遅くても仕事始めの日までには年賀状が届くように投函しましょう。

新年から気持ちよく仕事が始められるように、きちんとしたビジネス年賀状を送って年を越せるようにしたいものですね。