年賀状に挨拶文や一言メッセージを添える場合は、句読点を使うことはマナー違反になってしまいます。

特に目上の人などに年賀状を出す場合には気を付けなければいけないポイントです。

今回は、年賀状の句読点について、マナーや句読点の使わない書き方を紹介します。

年賀状に句読点は基本的に使えない

句読点は終わりや区切りを意味するため

年賀状は新年を迎えたことを祝うおめでたいものです。

ですので、年賀状の文章に句読点をつけてしまうのは、「おめでたいことに区切りをつける」という意味になってしまうので、縁起が良くないという考えがあります。

日本ではそういった験担ぎのような習慣が現在でも根強く残っているため、年賀状に句読点は使わないようにしましょう。

これは、年賀状に限った話ではありません。

賞状や証書、挨拶状、感謝状、招待状など、お祝い事の文書は基本的に句読点をつけないという風習があります。

相手に敬意を表すため

もともと 日本人は、文字を毛筆で書いていました。

しかし活字の文書が増えるにつれて、文章の読みやすさが重視されるようになりました。そこで導入されたのが句読点です。

ですので、句読点を正式な文章につけると、相手に対して「句読点がないと文章が読めない人」というような意味合いが含まれてしまうようになったのです。

このように、年賀状では句読点を避けることで、相手に対して敬意を払うことになります。

句読点を使わずに書くポイント

長すぎない文章で書く

句読点を使わないで文章を書く場合、文が長すぎると読みにくくなってしまいます。できるだけ短い文章で簡潔に書くことを心がけましょう。

改行やスペースを活用する

改行やスペースを上手く活用することで読みやすい文章にすることができます。

印刷された年賀状に添え書きのメッセージを書く場合も、句読点はつけずに改行やスペースなどで読みやすいように調整しながら書きます。

文字のフォントに気を付ける

年賀状印刷サービスや年賀状作成ソフトで、メッセージに使用するフォントも自由に選べることがあります。

ですが、あまり個性的なフォントを使ってしまうと読みづらくなってしまうことがあります。

文字の読みやすさを重視する場合は、年賀状の定番である明朝体や楷書体などのフォントを使うようにしましょう。

句読点を書いてしまった場合はどうしたらいい?

修正ペンで修正してはいけない

年賀状の添え書きで間違えて句読点を書いてしまった場合に、修正テープや修正ペンなどで修正するのは相手に対して非常に失礼に当たります。

たとえひとつの句読点でも、修正ペンが塗られていたりするのは受け取った方からしてみれば、ないがしろにされているように受け取られてしまう可能性があります。

新しく書き直す

年賀状に句読点を間違えて書いてしまった場合は、新しい年賀はがきに書き直してから送るようにしましょう。

年賀状は、おめでたい場にふさわしい正式な手紙である、という事を忘れずに丁寧な気持ちで書いて送るようにしましょう。

書き損じた年賀状は交換できる

書き損じた年賀はがきは、郵便局の窓口にて年賀はがきや普通はがき、切手などと交換することができます。

ただし手数料がかかるので注意して下さい。

他にも、各種団体に寄付することも可能です。

詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

宛名の書き損じや印刷ミスした年賀状は交換可能!交換する方法や交換できるものについて紹介

年賀状を書くときに句読点の他にも気を付けておきたいポイント

!や?などの感嘆符を使わない

「!」ビックリマークや「?」はてなマークなどの感嘆符は、句読点と同じように、正式な文章では使わないようにするのが一般的です。

特に目上の人に送る年賀状の場合は気を付ける必要があります。

ただし、友人など親しい方に送る年賀状の場合には、あまり気にしすぎることもないかもしれません。

鉛筆やボールペンで書かない

年賀状の添え書きを鉛筆で書いてしまうと、相手に、「手を抜かれている、軽く思われている」といったよくない印象を与えてしまう場合があります。

ほかにも、本来正式な文章は鉛筆で書かないという考えもあります。

また、ボールペンで書くことも基本的には避けた方が良いでしょう。

できるだけ太めのペンか、筆ペンなどで書くようにします。

賀詞を二つ以上使わない

新年を祝うための言葉である賀詞は、基本的に1回のみ使うのがマナーです。

よく見かける「新年あけましておめでとう」は実は間違いです。

というのも、「新年」と「あけましておめでとう」がそれぞれ独立した賀詞であるため、組み合わせると重複になってしまいます。

また、「賀正」や「迎春」といった賀詞が使われているにもかかわらず「あけましておめでとう」とつなげてしまうのも賀詞の重複にあたるので注意しましょう。

目上の人に二文字の賀詞は使わない

2文字の賀詞には、相手の方に対する敬意や丁寧な気持ちを表すことができません。

目上の方への賀詞は4文字の賀詞を使うようにしましょう。

というのも4文字の賀詞(謹賀新年・恭賀新年など)には、相手に敬意を表す漢字が入っているためです。

この場合の賀詞は敬語にあたります。

忌み言葉は使わない

忌み言葉とは、「去・戻・倒・別・離・消・負・敗・流・失・破・滅・枯」など、「別れる」「離れる」などといった意味を持つ言葉のことです。

年賀状のようなおめでたいものには相応しくない、縁起の悪いものなので使わないようにしましょう。

特に「去年」についてはうっかり「去年はお世話になりました」のように使ってしまいがちです。

このような場合には「昨年」や「旧年」に置き換えましょう。

写真入り年賀状について

写真年賀状は、親しい関係であればわかりやすい近況報告になりますが、目上の方や仕事関係の方には相応しい年賀状とは言えません。

場合によっては「礼儀を欠いている」という捉え方をされてしまう可能性もあります。

ただ、家族ぐるみでの付き合いがある方の場合などは、子供の成長などを楽しみにされている方もいらっしゃる場合も多いでしょうし、必ずしも写真入り年賀状を目上の方に出してはいけないという訳ではありません。

あくまでもプライベートでの関わりがない目上の方には、写真入りの年賀状を送るのは避けるのが無難です。

句読点を使わない年賀状の文例

定番の文例

昨年中はいろいろとお世話になり

心よりお礼申し上げます

今年もどうぞよろしくお願い致します

 

旧年中は色々とご厚誼をいただき

ありがとうございました

本年もよろしくお願い申し上げます

 

親戚や家族ぐるみの人に送る際の文例

家族揃って無事にお正月を迎えることができました

皆様のご健康とご活躍を心からお祈り致します

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

 

親しい人に送る際の文例

昨年中はなにかとお世話になり

ありがとうございました

身体に気をつけてお互い頑張りましょう

今年もよろしくお願いします

 

仕事関係の人に送る際の文例

旧年中は格別のお引き立てを賜りまして

厚く御礼申し上げます

本年も相変わらずご愛顧の程

よろしくお願い申し上げます

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます

 

子どもの誕生報告を兼ねて送る際の文例

昨年は大変お世話になりました

新しい家族が増え

にぎやかな新年を迎えております

本年もどうぞよろしくお願い致します

 

結婚報告を兼ねて送る際の文例

昨年結婚致しました

よい年になるよう頑張りたいと思います

皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます

 

引越しの報告を兼ねて送る場合

昨年新しい住居に移転しました

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

お近くへお越しの節は是非お立ち寄り下さい

 
 

年賀状をメールで送る場合なら句読点は使える?

メールやラインで新年の挨拶をする場合でも、内容ははがきの年賀状と同じです。

基本的には、句読点はつけないで新年の挨拶をします。

ただ、新年の挨拶をメールやラインでできる関係ということは、それなりに親しい関係の方であると思います。

ですので、この場合はあまり難しく考える必要はないかもしれません。

また、はがきの年賀状と違って書き直しも簡単ですので、しっかりと推敲して送りましょう。

フタバなら年賀状をお得に印刷できる

ここまで年賀状の句読点について紹介してきましたが、句読点をはじめとする年賀状のマナーについて気を配りながら年賀状を作るのは大変な作業ですよね。

特に目上の方に年賀状を送る場合には、より気を付けなければいけません。

デザインも相応しいものを選ばなければなりません。

フタバの年賀状印刷サービスなら、豊富なオリジナルデザインを取り揃えているので、目上の人に送る年賀状にふさわしいデザインの年賀状を印刷することができます。

フォーマルな雰囲気のデザインから、カジュアルな雰囲気のデザインまで、幅広いデザインから選ぶことができるので、どんな関係性の方にも年賀状を送ることができますよ。

宛名印刷やご自宅にお届けする送料は無料でご利用いただけます。

さらに、「年賀状はフタバ」のサイトからお申込みいただくと、最大で50%割引の料金で年賀状を印刷することができるキャンペーンを開催しているので、お得に年賀状を印刷することができますよ。

年賀状印刷はフタバ

まとめ

年賀状に書く文章には、基本的に句読点は使わないようにしましょう。

添え書きなどを書く場合は、読みづらくなってしまわないように、改行やスペースを使って読みやすくなるように工夫をして書くようにします。

メールで新年の挨拶をする場合にも、基本的には使わないようにした方が無難です。