年賀状を印刷したら、多くの人はポストに年賀状を投函しに行きますよね。

実は、年賀状をポストに投函できる期間は決まっています。

また、ポストに年賀状を投函する際に確認しておきたいポイントを抑えることで、年賀状を確実に送り先に届けることができます。

今回は、年賀状のポストへの投函について解説します。

年賀状をポストに投函できる期間

年賀状をポストに投函して、年賀状として受け付けてもらえる期間は12月15日から1月7日までです。

12月15日以前に年賀状をポストに投函した場合や、1月7日以降に年賀状をポストに投函した場合は、普通郵便物として扱われてしまうので注意が必要です。

また、年賀状を1月1日に届けられるようにするためには、12月15日から25日の間にポストに投函する必要があります。

25日を過ぎてからポストに年賀状を投函した場合、1日に年賀状が届かない可能性があります。

また、年賀状が1日に届かなかった場合でも、1月7日の松の内までに年賀状が届けば問題ありません。

松の内とは、本来は家の前に門松をおいておく期間を指す言葉です。

松の内まではお正月期間という扱いになりますので、1月7日までに間に合うように年賀状をポストに投函しましょう。

年賀状をポストに投函する時に確認しておきたいこと

年賀状を実際にポストに投函する前に、一度確認しておきたいことがいくつかあります。
ちょっとした疑問についても、知っておくことで安心して年賀状をポストに投函できますよ。

ポストのどっち側に投函すればいい?

年賀状をポストに投函するとき、右側と左側のどちらに入れたらいいのか迷ってしまいがちですよね。

年賀状を投函するのに正しいのは左側です。ただし、右側の方に入れても特に大きな問題はありません。

というのも、集荷される際に一度確認されているので、たとえ右側に入れてしまっても、ちゃんと年賀はがきとして扱われるため、間違えても大丈夫です。

間違えてしまったからといって、わざわざ郵便局に連絡を入れたりする必要はありませんので、心配はありませんよ。

輪ゴムをしたままポストに入れた方がいい?

年賀状をポストに投函するときに、輪ゴムでまとめて投函した方がいいという話を聞いたことがある人もいるかもしれません。

実際に、年賀状は輪ゴムでまとめて投函しても問題ありません。

ただし、その場合は以下のルールを守る必要があります。

年賀はがきと通常の郵便物を一緒にしない。年賀はがきと私製はがきの両方がある場合は、別々にまとめる。

メモ紙や付箋など、郵便物以外のものを挟んだりしない。

ビニール袋や紙袋に入れるなど、過剰包装はしない。

はがきの向きを揃える。

これらのルールを守るなら、年賀状は輪ゴムでまとめて投函しても大丈夫です。特に、年賀状の量が多い場合は、輪ゴムでまとめて投函すると郵便局側は仕分けがしやすくなり、作業がしやすいようです。

ポストカードを年賀状として出すことはできる?

ポストカードは年賀状としてポストに投函することができます。その場合は、料金分の切手をきちんと貼ったうえで、切手の下の部分に「年賀」と赤字で書く必要があります。

コンビニのポストに投函してもいい?

コンビニのポストに投函した場合でも、普通のポストと同じように郵便局員さんが集荷して、配達してくれます。

ただし、店舗により集荷の回数が少ない場合もあります。そのため、投函した当日の集荷に間に合わずに、翌日に集荷される可能性もあるので注意が必要です。

12月25日より前に出すのであれば特に問題はありませんが、それ以降の特に年末ギリギリの時期に出す場合は、集荷時間をチェックしておくのがよいでしょう。

郵便局の窓口とポスト、どっちに出すのが良い?

基本的にはどちらで出しても大きな違いはありません。特に12月25日までに投函する場合は、どちらで出してもスピードの差はありません。

ただ、25日以降は集荷のタイミングなどにより、郵便局の窓口に直接持って行った方が早く届けてもらえる場合があります。

ポストは、24時間いつでも自分のタイミングで年賀状を投函できるので便利です。ただし、他の人も投函するため、ポストの中でハガキが折れたり傷んだりしてしまう可能性はどうしても出てきます。

郵便局の窓口へ差し出す場合は、郵便局の営業時間にしか出すことができませんが、郵便局の方が受け取ってくるので、ポストよりはがきが傷む確率は格段に低くなるので、安心して利用できます。

年賀状を印刷するならフタバ

今年の年賀状の印刷はどうしようかな?と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

フタバの年賀状印刷サービスなら、高品質の年賀状を楽に印刷することができますよ。

さらに、「年賀状はフタバ」のサイトからお申込みしていただくと、最大50%割引の料金で年賀状を印刷することができますよ。

さらに、宛名印刷の印刷料金と、印刷した年賀状をご自宅までお届けする送料は無料ですので、お得にご利用いただけます!

50名以上のデザイナーによって手掛けられた豊富なオリジナルデザインを取り揃えているほか、写真年賀状のテンプレート素材も充実。

お申し込みは、ネットからの簡単操作です。スマホからでも申し込みができるため、5分でお申し込みを完了できます。

また、ご利用料金のお支払いはコンビニ後払いもご利用いただけるため、急いでいるときにも安心してご利用いただけますよ。

まとめ

年賀状をポストに投函して、年賀はがきとして扱ってもらえる期間は、12月15日~1月7日の間です。それ以前やそれ以降は、普通郵便の取り扱いとなり、消印が押されてしまうので注意が必要です。
また、年賀状をポストに投函する前には、注意すべきポイントについても1度確認しておきましょう。