Menu

年賀状コラム

知って得する!書き損じはがき交換について

気を付けて書いていても毎年出てしまう書き損じはがき。
年賀状を書いていて枚数が足りなくなるのが面倒で多めに注文する方が多いですよね。 そんな余った年賀状を捨てたり、眠らせていたりしていませんか?
知って得する年賀はがきの交換について紹介します。

【切手に交換】

書き損じなどの余った年賀状は1枚につき手数料5円を郵便局の窓口で支払うと切手に交換できます。 また手数料も支払い方もいくつかの方法を選ぶことができます。

現金で支払う
・郵便局の窓口で、現金で手数料を支払うと額面と同じ金額の切手に交換してもらえます。
・また意外に知られていませんが、現金同様に切手で支払うこともできます。
手数料を相殺して支払う
・追加で現金を用意しなくても交換手数料を額面から差し引いて支払うこともできます。
・この場合、額面から5円分の手数料を引いた残りの金額分の切手に交換してもらえます。


【切手以外へ交換】

郵便局の窓口で1枚につき手数料5円を支払ってスマートレターやレターパックなどへも交換可能です。 金額が満たない場合は先ほどと同様現金もしくは切手で差額分を支払います。


【年賀はがきへ交換】

年賀はがきの販売期間中であれば、郵便局の窓口で1枚につき手数料5円を支払って新しい年賀はがきと交換できます。 ただし、過去の年賀状を今年度の年賀はがきへ交換することはできませんのでご注意ください。



書き損じてしまった年賀はがきも無駄にせず、これらの方法を試してみてはいかがでしょうか?


【番外編】

年賀はがきを購入した後に不幸があった場合、年賀はがきの販売期間内であれば、郵便局の窓口にお持ちいただくと無料で通常切手類と交換できます。
この場合、郵便局の窓口で服喪の旨を伝え、備付けの請求書に請求される方の住所、氏名および亡くなられた方との続柄等を記入しましょう。

トピックス

  1. 意外と知らない?お役立ち年賀状のマナー

    知人や友人、懐かしい人に送る1年に1度の年賀状。
    送るのであれば気持ちよく、受け取った人がうれしくなるような書き方・出し方をしたいもの。 年賀状を出す上で知っておきたいマナーをまとめてみました。

  2. 手書きの方必見!年賀状の表書きのルール

    最近は年賀状の表書き(宛名)を手書きされる方も減っていますが、丁寧に書いてあるととても目立ちますよね。手書きにチャレンジされる方必見のルールを紹介していきます。

  3. 知って得する!書き損じはがき交換について

    気を付けて書いていても毎年出てしまう書き損じはがき。年賀状を書いていて枚数が足りなくなるのが面倒で多めに注文する方が多いですよね。
    そんな余った年賀状を捨てたり、眠らせていたりしていませんか?知って得する年賀はがきの交換について紹介します。

  4. 今すぐ使える!年賀状のひと言メッセージ集

    受け取った年賀状にひと言メッセージが添えてあると嬉しい気持ちになりますよね。
    せっかく出すなら、相手の顔を浮かべながら、ちょっとしたひと言を添えてみましょう。 とは言え、気の利いたメッセージがなかなか思い浮かばず悩む方も多いはず。いくつか文例を紹介します。