Menu

年賀状コラム

手書きの方必見!年賀状の表書きのルール

最近は年賀状の表書き(宛名)を手書きされる方も減っていますが、丁寧に書いてあるととても目立ちますよね。 手書きにチャレンジされる方必見のルールを紹介していきます。

【宛先の住所】

はがきのふちや、郵便番号のワクから1字以上の余白をとって書きます。縦書きの場合、丁目・番地などは漢数字を使う方が良いでしょう。 その場合、「10」は「十」でなく「一〇」と記します。複数行になる場合、2行目以下は1行目より下げて書きます。 マンション名・号数なども忘れずに書きましょう。


【宛名】

中央に書くのが原則です。横の位置の目安としては、郵便番号の最初から2枠目の真下に書けば、間違いありません。
縦の位置は、住所の書き出しより若干下げてください。表書きの中で、最も大きい文字で書くことは言うまでもありません。
敬称については、「様」が原則です。ご夫婦など宛名を連記する場合も、お一人ごとに「様」をつけます。 お子さんが学校の先生に出すような場合は、「様」でなく「先生」でも構いません。


【差出人】

表面・裏面どちらに書いても構いません。
年の初めに受け取る年賀状の場合、表面をすっきりさせるため、裏面の文面の最後に書くことが多いものです。 表面に書くような場合は、先方の住所氏名より小さく書きましょう。

【年賀の文字】

郵政年賀はがきにはすでに印刷してありますが、私製はがきや絵はがき、通常の官製はがきを使うような場合は、切手の位置の下に朱書きします。 これがないと、通常郵便として扱われ、1月1日より前に届いてしまいます。



ここまで手書きの場合のルールを紹介してきましたが、年末の慌ただしい中、表書きを手書きするのも大変ですよね。
「年賀状はフタバ」なら宛名を無料で印刷できます。ご注文の際に宛名印刷サービスを合わせてお申し込みください。 宛名データは直接入力と宛名リストでのアップロードの2つの方法があります。詳しくはご利用ガイドの「宛名印刷サービス」についてをご覧ください。
※宛名印刷のみのお申し込みはできません。

トピックス

  1. 意外と知らない?お役立ち年賀状のマナー

    知人や友人、懐かしい人に送る1年に1度の年賀状。
    送るのであれば気持ちよく、受け取った人がうれしくなるような書き方・出し方をしたいもの。 年賀状を出す上で知っておきたいマナーをまとめてみました。

  2. 手書きの方必見!年賀状の表書きのルール

    最近は年賀状の表書き(宛名)を手書きされる方も減っていますが、丁寧に書いてあるととても目立ちますよね。手書きにチャレンジされる方必見のルールを紹介していきます。

  3. 知って得する!書き損じはがき交換について

    気を付けて書いていても毎年出てしまう書き損じはがき。年賀状を書いていて枚数が足りなくなるのが面倒で多めに注文する方が多いですよね。
    そんな余った年賀状を捨てたり、眠らせていたりしていませんか?知って得する年賀はがきの交換について紹介します。

  4. 今すぐ使える!年賀状のひと言メッセージ集

    受け取った年賀状にひと言メッセージが添えてあると嬉しい気持ちになりますよね。
    せっかく出すなら、相手の顔を浮かべながら、ちょっとしたひと言を添えてみましょう。 とは言え、気の利いたメッセージがなかなか思い浮かばず悩む方も多いはず。いくつか文例を紹介します。