会社の上司の方へ年賀状を書く場合は、デザインや文章のマナーに気を付けて年賀状を作らなければなりません。

マナーが守られていない年賀状を送ってしまうと、上司の方に対して失礼になってしまうこともあります。

今回は、上司の方へ年賀状を送る場合のマナーや注意点、添え書きの文例について紹介します。

しっかりとした年賀状を送れば、上司の方からの印象も良くなるかもしれませんよ。

フタバの年賀状印刷サービスなら、上司の方へ送る年賀状にぴったりな、シンプルで格式のあるデザインの年賀状を印刷することができます

ビジネス用のカテゴリからデザインを選んで印刷することができるので、印刷したいデザインがすぐに見つかりますよ。

更に「年賀状はフタバ」のサイトからお申込みいただくことで、最大50%割引の料金で年賀状を印刷することができます。

そもそも上司への年賀状は必要?

年末が近づいてくると、職場の上司に年賀状を出すべきかを悩む人も多いのではないでしょうか。

しかし、毎日顔を合わせている上司だからこそ、年賀状は日頃の感謝の気持ちをあらためて伝えることができる良い機会になりますよ。

年賀状を出して、新年の変わらぬ付き合いをお願いすると良いでしょう。

また、会社ごとの年賀状事情によっても変わります。

最近では個人情報の取り扱いについての観点から、会社全体で年賀状を送らなくてもよいという場合もあります。

ですので、現在は上司に年賀状を出さなかったからといって、必ずしもマナー違反であるとは言い切れません。

上司と部下が年賀状を毎年送り合うのが恒例行事になっている会社もあります。その場合は、周りに合わせて年賀状を出しておくのが良いでしょう。

上司への年賀状のデザインはどうするべき?

落ち着いた雰囲気のものを選ぶ

上司へ年賀状を送る場合は、カラフルで派手なデザインのものは避け、シンプルで落ち着いた雰囲気のデザインの年賀状にしましょう。

その年の十二支の動物のイラストなどであれば問題ありませんが、派手すぎるような柄やポップなもの、ファンシーなデザインは避けましょう。

また、年賀状は上司の自宅に送る場合がほとんどですので、ご家族の方も目にする年賀状であるということを意識する必要があります。

年賀状の向きは、基本的に縦書きのものを選びます。

家族写真などは控える

家族写真や子供の写真を年賀状にして送るという方も多いですが、上司へ年賀状を送る場合は、そのような写真入りの年賀状は控えましょう。

上司への年賀状はあくまでもフォーマルな年賀状ですので、写真入りの年賀状だとカジュアル過ぎて失礼であるという印象を受けてしまうかもしれません。

ただし、家族ぐるみでの付き合いがある上司の場合は、写真入りの年賀状を送っても問題ありません。

上司へ年賀状を送る際の注意点

賀詞は「謹賀新年」など4文字にして重複しないようにする

年賀状で「賀正」や「迎春」などの2文字の賀詞をよく見かけますよね。実はこれらは略語にあたる賀詞で、それぞれ「正月を迎えます」、「新春を迎えました」といった意味になります。

友達に送る年賀状の場合なら2文字の賀詞でも特に問題ありませんが、上司などの目上の人に対して略語の賀詞を使うのは失礼にあたります。

上司に年賀状を送る場合は、「謹賀新年」や「恭賀新年」などの4文字の賀詞を使うようにしましょう。

また、二重賀詞にならないようにする必要もあります。二重賀詞とは、賀詞と同じ意味の文章を年賀状で使ってしまうことです。

例えば、「賀正」と入っている年賀状に「あけましておめでとうございます」と書くのは、新年を祝う意味が重複してしまうため、避けるべきです。

賀詞を使用する場合には、その賀詞の意味をしっかりと確認して、二重賀詞になってしまわないように気を付けましょう。

句読点を使わないようにする

年賀状は新年を迎えたことを祝うおめでたいものです。

そのため、年賀状の文章に句読点をつけてしまうのは、「おめでたいことに区切りをつける」という意味になってしまうので、縁起が良くないという考えがあります。

日本ではそういった験担ぎのような習慣が現在でも根強く残っているため、年賀状に句読点は使わないようにしましょう。

また、年賀状のような正式な文章で句読点をつけると、相手に対して「句読点がないと文章が読めない人」というような意味合いになってしまいます。

ですので、句読点を避けることで、相手に対して敬意を払うことになります。

!や?のような感嘆符も使わないようにするのがマナーです。

忌み言葉に気を付ける

忌み言葉とは、平たく言うと、縁起の良くない言葉のことです。

結婚式での「分かれる」や「切れる」などが忌み言葉として有名ですが、年賀状にも忌み言葉があるので注意する必要があります。

年賀状は新年をお祝いするおめでたいものですので、なるべく明るくて前向きな言葉を選ぶようにします。

年賀状の忌み言葉としては、「去」「終」「死」「苦」「離」「別」などがあります。

「去年は大変お世話になりました」「プロジェクトも無事に終了し」のように、添え書きの一文でうっかり使ってしまうことも多いので、特に気を付けましょう。

文章を赤字で書くのはNG

赤字の賀詞は特に問題はありませんが、添え書きの文章を赤字で書くことはマナー違反になってしまうので注意しましょう。

また、年賀状の文字は読みやすいようにフォントを調節することも大切です

上司に対して年賀状を送る場合は楷書体のものが好ましいでしょう。

報告をメインにしない

結婚したことや出産したことなどの報告を兼ねて年賀状を送る方も多くいらっしゃいます。

ですが、あくまでも年賀状は新年の挨拶をするためのものですので、上司に対して結婚や出産などの報告を兼ねた年賀状は送らないようにしましょう。

プライベートな内容は、できるだけ避けるのが望ましいと言えます。

元日に届くようにする

年賀状は必ずしも元旦に届けなければならない、という物ではありませんが、1日に届くように年賀状を送る方が、上司の方に対して失礼が無いと言えます。

仕事始めの時期についても考え、上司へのマナーとしてはできるだけ元旦に届くように投函した方が、相手に良い印象を持ってもらうことに繋がります。

年賀状を1月1日に届けるためには、12月25日までに年賀状を投函しなければなりません。

年賀状を1月1日に届くようにするにはどうすればよいのかについて詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。
年賀状を1日に着くようにするにはいつまでに投函すればいい?

住所は直接聞く

最近では個人情報保護の観点から、同じ職場の社員や職員同士でも、住所は開示されないようになっています。

上司に年賀状を送る場合は、必ず本人に直接住所を尋ねるようにしましょう。

仮に他人から聞いた住所では詳細が間違っている可能性があります。

きちんと届いたとしても、なぜ住所を知っているのか不審に思われてしまいかねません。

年賀状を送りたいことをきちんと伝え、住所を教えてほしいと尋ねてから送るようにしましょう。

上司への年賀状の書き方と文例

昨年中のお礼を書く

まずは昨年のお礼について書きます。基本中の基本ですので、しっかりと書きましょう。

旧年中は公私ともにひとかたならぬご厚情を賜り誠にありがとうございました

旧年中は何かとお世話になり心よりお礼申し上げます

お陰様で無事に新年を迎えることができました

昨年中は家族ともどもお世話になり心よりお礼申し上げます

 

今年の抱負や決意表明を書く

昨年のお礼を書いた後は、今年の抱負や決意表明について書くと良いでしょう。どんな年にしたいかを書くことで、上司にもやる気や熱意が伝わりますよ。

本年も一歩一歩大切に毎日を過ごしたいと思います

新しい年を実り多き一年にしていきたいと思います

今年はよりいっそう飛躍の年となるように頑張ります

 

結びの言葉を書く

最後に結びの言葉を書いて、年賀状の添え書きを〆ます。

今年も相変わりませずご厚誼を賜りますようお願い申し上げます親しいお付き合いのほどよろしくお願いいたします

幸多き一年となりますようお祈り申し上げます

 
 

宛名面の書き方

役職名ではなく「様」

上司の自宅へ年賀状を直接送る場合、宛名は氏名のみで「○○様」という形式で書きます。

この場合は会社名や部署名を書く必要はありません。

余白を意識して丁寧に書く

宛名を全体的にバランス良く書くためには、余白を意識しながら丁寧に書くことがポイントです。

字の大きさは、「相手の名前」を一番大きく書き、「相手の住所」「自分の名前」「自分の住所」の順に文字の大きさを小さくしていきます。

相手の名前は特に丁寧に書くようにしましょう。

バランスよく書くためには、書き始めの位置や字間、行間についても気を配り、余白を常に意識して書きます。

上司への年賀状を印刷するならフタバで

これまで、上司の方へ年賀状を送る場合のマナーや注意点について紹介してきましたが、せっかく上司に年賀状を送るなら、印象に残るような年賀状を送りたいですよね。

フタバの年賀状印刷サービスなら、豊富なオリジナルデザインの中から、シンプルかつ格式高い、上司の方に送るのに相応しいような年賀状を送ることができますよ。

ビジネス用デザインのカテゴリから選ぶことができるので、送りたい年賀状のデザインがすぐに見つかります。

宛名印刷と印刷した年賀状をご自宅にお届けする送料は無料で利用することができます。

さらに、「年賀状はフタバ」のサイトから直接お申込みいただくことで、最大50%割引の料金で年賀状を印刷できるキャンペーン中ですので、お得に年賀状を印刷できますよ。

年賀状印刷はフタバ

まとめ

上司の方に年賀状を送る場合は、マナーや書き方だけでなく、デザインにもデザインにも気を付ける必要があります。

きっちりとした年賀状を送らなければ、上司の方からの印象が悪くなってしまう可能性もありますので、十分注意しましょう。

お世話になっている上司の方には、きちんと新年の挨拶と日頃の感謝を伝えることで、新しい一年を気持ちよく始めることができますよ。