年賀状を作成・印刷するためにパワーポイントを使おうと考えている方もいらっしゃると思います。

今回は、パワーポイントで年賀状のデザインを作成・印刷する方法について紹介します。

しかし、パワーポイントで年賀状のデザインをするのは比較的簡単ですが、印刷の設定が少し複雑なため、難しく感じてしまう場合もあるかもしれません。

フタバの年賀状印刷サービスなら、スマホから5分でかんたんに申し込みをするだけで、年賀状を印刷することができますよ。

「年賀状はフタバ」のサイトからお申込みいただくと、最大50%割引の料金で年賀状を印刷することができるキャンペーンを開催中です。

宛名印刷の料金や送料は無料ですので、お得に年賀状を印刷することができますよ。

フタバの年賀状印刷サービスについて詳しく知りたいとい方はこちら

年賀状をパワーポイントで作る方法

テンプレートをダウンロード

使用したい年賀状用のテンプレートがある場合は、まずテンプレートをダウンロードし、保存します。

「Microsoft Office.comテンプレート」を使用したい場合は、まず「ファイル」タブを選択します。

画面左側から「テンプレートから新規作成」をクリックし、「オンラインテンプレートとテーマの検索」のボックスに「年賀状」と入力して検索します。
表示された一覧から使用したいテンプレートを選択して、「作成」をクリックします。

ダウンロードが完了したら、スライドにテンプレートが表示されるので、編集を開始します。

 

写真を挿入する

写真を使用する場合は、使用したい画像ファイルが保存されているフォルダを選択します。使用したい画像を選択し、「挿入」をクリックします。

画像の大きさを調節するには、画像の角にある丸いマークを右下にドラッグしていくとサイズを変更することができます。

また、使用したい画像の品質が十分なものでも、設定によってはぼやけたようになってしまうことがあります。その場合は設定を見直すことで、画像の品質どおりのままで使用することができます。設定方法は以下の通りです。

①「ファイル」タブから、「オプション」を選択します。②左側の「詳細設定」をクリックし「イメージのサイズと画質」の設定を選択します。

③「ファイル内のイメージを圧縮しない」の項目にチェックします。

④「既定の解像度」を「高品質」に設定します。

アート効果を設定したい場合は、「書式」タブにある、「アート効果」から、好みのアート効果を選択することで、デザインにアート効果をかけることができます。

テキストでメッセージを挿入する

「挿入」タブにある「テキストボックス」をクリックし、「横書きテキストボックス」をクリックします。

メッセージを入力したい位置にテキストボックスを作成し、メッセージを入力します。

「書式」タブにある「ワードアートのスタイル」の下方向の矢印をクリックします。スタイルの中から好みのものを選びクリックします。

 

サイズの設定

「デザイン」タブ を選択し、「ユーザー設定」から「スライドのサイズ」をクリックします。表示された一覧の中から「ユーザー設定のスライドのサイズ」をクリックします。

「スライドのサイズ」が表示されたら、以下の項目を設定します。

①「ページ設定」からサイズを選択します。年賀はがきに印刷する場合は「はがき 100×148 mm」を選択します。

②「スライド」欄から、印刷の向きを選択します。

 

余白なしで印刷するには

パワーポイントから年賀状を余白なしで印刷するためには、以下のような設定をする必要があります。

プリンター側で、用紙の種類を使用する年賀はがきの種類に、用紙サイズを「はがき」に設定し、「ふちなし印刷」を選択します。

パワーポイントの側でスライド一杯になるようにデザインを作成します。

「ファイル」タブを選択し、ユーザー設定から「ページ設定」をクリックした後、「ユーザー設定」を選択します。幅(W)を「14.8cm」、高さ(H)を「10 cm」に指定し、印刷します。
用紙の向きが縦の場合は幅(W)「10 cm」を、高さ(H)を「14.8cm」に指定します。

 

余白なしで印刷したい場合は、賀詞や名前・住所など、見切れさせたくないものは点線内で配置する必要があります。必要な部分が点線の中に収まるように写真やイラストを配置しましょう。

写真やイラストなどのはがき一杯に印刷したいものは、点線の外側まで入れてください。点線から外側の部分は実際にははがきに印刷されませんが、余白なしで印刷をするために必要な塗り足しの部分になります。

PDFでの保存方法

PDF形式でデータを保存することで、コンビニなどでパワーポイントで作成した年賀状を印刷することができます。「ファイル」タブから「名前を付けて保存」をクリックし、保存したい場所を選択します。

「ファイル名」を指定する画面が開きますので、「ファイルの種類」から「PDF(*.pdf)」を選択します。

次に「標準(オンライン発行および印刷)」の項目にチェックを入れます。

右下の「ツール」をクリックし、「図の圧縮」を選択します。

「解像度」の設定が「高品質」になっていることを確認し、「OK」をクリックすることで、PDF形式で保存できます。

PDF形式で保存することができたら、PDFファイルをUSBメモリーに入れる、またはネットプリントに登録するなどしてコンビニで印刷することができます。

フタバの年賀状印刷サービスなら簡単に年賀状を印刷できる

ここまで、パワーポイントで年賀状を印刷する方法について紹介してきましたが、自分で年賀状を印刷するとなると、どうしても手間と時間がかかってしまいます。

フタバの年賀状サービスなら、年賀状をかんたんに、そしてお得に印刷することができますよ。

スマホから5分でかんたんに印刷の申し込みをすることができるので、初めての方でも安心です。

豊富なオリジナルデザインの中から気に入ったものを選ぶだけで、イラスト年賀状と写真年賀状のどちらでも印刷することができます。

宛名印刷と送料は無料でご利用いただけます。

さらに、「年賀状はフタバ」のサイトからお申込みいただくと、最大で50%割引の料金で年賀状を印刷することができるキャンペーンを開催中です。

年賀状印刷サービスなら、ぜひフタバの年賀状印刷サービスをご利用ください!

年賀状印刷はフタバ

まとめ

パワーポイントで年賀状を作る場合は、デザインは比較的簡単にすることができますが、印刷の設定が少し面倒です。パソコンになれていない方には少し難しく感じられるかもしれません。

フタバの年賀状印刷サービスなら、高い品質で豊富なデザインの年賀状をかんたんに印刷することができます。年賀状印刷サービスのご利用をお考えの際は、ぜひフタバの年賀状印刷サービスをご利用ください。