お子様が七五三を迎えた翌年の年賀状は、ステキな笑顔でお子さんが写っている七五三の写真年賀状を出すと、親族や親しい方への良い近況報告になるものです。

写真の選び方や、年賀状に添える一言についてポイントを押さえておくことで、よりステキな七五三の年賀状になりますよ。

今回は、七五三の年賀状の写真の選び方や、一言メッセージについて紹介します。

七五三の写真年賀状を送るのなら、せっかくならキレイな印刷の仕上がりの年賀状をおくりたいものですよね。

フタバの年賀状印刷サービスなら、受け取った方に喜んでいただけるような、お子様の笑顔がステキな七五三の写真年賀状を、キレイな仕上がりで印刷することができますよ。

というのもフタバ株式会社では、フォトブックの制作のサービスを行っているので、フォトブック製作の技術を活かしたプロの技で、写真年賀状を印刷することができるんです。

さらに、「年賀状はフタバ」のサイトから直接お申込みいただくことで、最大で50%割引の料金で年賀状を印刷することができるキャンペーンを開催しています。

年賀状で七五三の報告をしてもいい?

年賀状で七五三の報告をするのは問題ありません。

七五三はお子様の成長をお祝いするおめでたい行事ですので、受け取った相手も大変喜ばれると思います。

もし喪中と七五三が同じ年に重なってしまった場合は、一般的に忌中期間を過ぎていれば寺社参拝を行ってもよいとされていますので、喪中期間でも七五三の参拝を行って写真を撮って、寒中見舞いで七五三報告を行ってもよいでしょう。

七五三を年賀状で報告する際の写真の選び方

お子さんの笑顔が素敵な写真

七五三の写真は何と言ってもお子様が主役です。ですので、お子様が一番ステキな笑顔の写真を選んで年賀状にするのがベストです。

お子さんによっては、スナップ写真のほうが本番の写真よりも自然な表情が出ていて素敵な場合もありますよ。

着付けやメイク中などのオフショットや、ふざけたポーズや変顔をしている写真は、アルバムではいいアクセントになってくれますが、年賀状には少し雰囲気が砕けすぎてしまいます。

あるていどきっちりした写真の方が、受け取った相手に好感をもたれやすいです。

家族写真でもOK

七五三の写真を使って年賀状を作る場合、家族で写っている七五三の写真があれば、その写真でも問題ありません。

どちらかなかなか決められない……という場合は、家族写真の年賀状とお子様だけの写真の年賀状の、二つのバージョンの年賀状を作って送る相手によってわけるという方法もあります。

子どもが刀を持っている写真は使える?

お子様が刀を持っている写真を年賀状に使ってはいけないという決まりはありません。

それでも気になるというようでしたら、和傘などの小道具を刀の代わりにお子様に持ってもらった写真を撮って年賀状にするのをオススメします。

フレームやテンプレートの選び方

七五三の衣装は、洋装と和装のどちらの場合でも華やかな雰囲気の衣装が多いです。

ですので、使うフレームはお子様を引き立てるような、あまり目立たない色合いのものを選ぶとステキな年賀状になりますよ。

和風の年賀状にしたい、という場合でも控えめフレームのパターンにしたり、単色のフレームにしたりするなどしてバランスをとると、人物や和装が引き立ちます。

できるだけシンプルな年賀状にしたい、という場合には白っぽい背景のテンプレートをつかうことで、お子様が主役の年賀状というイメージにより近づきます。

かわいい雰囲気の年賀状にしたい、という場合は人気キャラクターのフレームやテンプレートを使えば、さらにかわいらしい年賀状になります。

年賀状で七五三の報告をする際の一言メッセージの文例

七五三の写真年賀状は、一目で七五三だとわからない場合もあります。

なるべく七五三であるという報告は添えておいたほうがよいでしょう。

早いもので〇〇(子供の名前)も〇歳になり七五三を迎えました

 

おかげさまで子どもも〇歳を迎え家族皆元気に過ごしております

お祝いをいただいている場合は

〇〇(子供の名前)の七五三のお祝いにお心遣いをいただきありがとうございました

 

以上のような文章を組み込んで、一言メッセージを書くと、相手に七五三の年賀状であることが伝わる年賀状になりますよ。

文例

あけましておめでとうございます

早いもので〇〇(子供の名前)も〇歳になり七五三を迎えました

子供の成長の速さには驚かされるばかりです

どうぞ今年もよろしくお願いいたします

 

七五三の写真を撮れるスタジオは?

スタジオアリス

スタジオアリスは、一度の撮影で何ポーズを撮っても変わらない撮影料金とわかりやすい良心的な価格体系が魅力のこども専門写真館です。季節限定のイベントや、プレゼントのキャンペーンなども開催しています。

七五三の写真の撮影では、和装から洋装まで衣装を豊富に取り揃えており、お子様の写真だけでなく家族写真も取り扱っています。

ご両親の着物レンタルと着付けがご利用いただけるプランもあるので、家族写真にも統一感を出すこともできますよ。

写真館ピノキオ

写真館ピノキオでは、七五三写真の見学会を開催しています。どんな場所で撮影して、どんな衣装があるのかなど、見学会に参加することで七五三の疑問を解決することができます。

また、見学会では親子体験企画として、オリジナル千歳飴袋作りに参加することができますよ。

お家にある着物の持ち込みも可能で、ご両親の衣装レンタルや着付けもできますので、家族写真も撮影することができます。

スタジオマリオ

スタジオマリオは、写真専門店「カメラのキタムラ」が運営している写真館です。

七五三の撮影では、衣装の着替えが何着でも無料で撮影することができまので、納得のいく衣装で撮影ができますよ。

また、お家にある着物を持ち込んで着付けすることが可能です。

その場合の着付け代金は無料ですので、思い入れのある衣装で気軽に撮影することができます。

スタジオで撮影した七五三の写真から年賀状を作成してもらえるサービスや、七五三の神社参拝のための着物レンタルのサービスもあります。

七五三の年賀状の写真を撮るタイミングは?

データの受け取り時期に注意

七五三の神社でのお参りとご祈祷が行われるのは11月15日前後です。

しかし、写真撮影は4月から10月までの前撮りや、12月から翌年の2月までの後撮りをすることもできます。

七五三本番シーズンの11月は写真館の予約が非常に取りにくく、そのため前撮りを選択する人が多いです。

後撮りの場合は撮影する人が少ないので予約を入れやすい、といったメリットもあります。

ただし、後撮りをする場合は、年末ギリギリの時期に撮影してしまうと、撮影したデータの受け取りや、年賀状印刷の注文や作成、投函が間に合わなくなってしまう可能性があるので、注意しましょう。

受取日数、写真データの枚数や画質は撮影する写真館によって異なります。

もし七五三の写真を後撮りして、その写真で年賀状を作りたい場合は、受け取りにかかる日数がいつかを確認しておく必要があります。

また、撮影の際にあらかじめ写真スタジオのスタッフの方に、撮影した写真を年賀状に使いたい旨を伝えておくのもおすすめです。

年賀状を意識して、和室や和風のセットで撮影してもらえたり、年賀状の文字が入りやすいような構図撮影してもらったりすることもできるので、年賀状の作成の際に便利です。

年賀状はいつから作ればいい?

発売時期

年賀はがきは、毎年11月1日から郵便局にて販売されます。現在の値段は1枚あたり63円です。

キャラクターのイラストはがきなどの場合は、11月1日よりも前に販売がはじまることも多く、早いものでは10月1日から販売される年賀状もあります。

投函期間

年賀状は例年12月15日から受付が開始されます。

というのも、郵便局では、たくさんの年賀状を1日にきちんと届けられるように例年対策をしています。そのひとつが年賀状の受付期間の設置です。

しかし、年賀状はできるだけ早く投函すれば問題がないというわけではありません。

年賀状の受付が始まる12月15日よりも前に投函してしまうと、一般郵便としての扱いになってしまうため、投函してから2~3日で相手に届いてしまう場合があります。

年賀状は自宅で印刷したほうがいい?

七五三の写真年賀状を印刷したい場合は、自宅で印刷する場合と印刷サービスに依頼するのと、どちらが良いのか、気になるところですよね。

それぞれの特徴について簡単にまとめてみました。

自宅で印刷する場合
コスト面

印刷のためのインク代のみなのである程度は安くすむ。
手間と時間自分で印刷するため、手間と時間がかかる。25日の直前でも作成は可能。
オリジナリティ自分で取った写真や、年賀状ソフトのデザイン素材を使って作成するので、オリジナリティのある年賀状が作ることができる。
仕上り
印刷機の性能に左右される。適切なはがきを使わないと、印刷がにじんでしまうことも。

印刷サービスで印刷する場合
コスト面自宅で印刷するよりは多少高くなってしまう場合がほとんど。
手間と時間依頼するだけで高品質の年賀状を楽に印刷することができる。ただし、手元に届くまでには多少時間がかかるので、納期を確認する必要がある。
オリジナリティ豊富なオリジナルのデザインから選ぶことができるほか、写真入りの年賀状を印刷することもできるため、ある程度のオリジナリティがある年賀状を作ることができる。
仕上り自宅のプリンターでの印刷に比べるとキレイ。写真年賀状の場合は特に差が出る。特殊なはがきや印刷方法で仕上がりを選べる場合も。

自宅で印刷する場合は、印刷サービスに比べてコストを多少抑えることができます。

しかし、印刷の仕上がりのクオリティは、よほど高性能なプリンターで印刷をしない限りは、印刷サービスに依頼する方がキレイな仕上がりで印刷することができます。

せっかくのお子様の七五三の写真年賀状を印刷するのなら、よりきれいに仕上がる印刷サービスで年賀状を印刷するべきではないでしょうか。

七五三の年賀状を送るならフタバ

ここまで七五三の年賀状について紹介してきましたが、せっかく七五三の写真で年賀状を作るなら、受け取った人にも喜んでもらえるような、ステキな年賀状にしたいものですよね。

フタバの年賀状印刷サービスなら、プロの技の写真印刷で年賀状を印刷できるので、仕上がりのキレイな七五三の年賀状を送ることができます。

というのも、フタバ株式会社では、年賀状印刷サービスのほかに、フォトブック製作のサービスも行っています。

フォトブック製作の技術を活かして写真年賀状を印刷しているので、お子様のステキな笑顔の写真を年賀状として送ることができますよ。

テンプレートのデザインもすべてオリジナルで豊富に取り揃えているので、七五三の写真をよりステキに引き立てることができます。

 

さらに、「年賀状はフタバ」のサイトから直接お申込みいただくことで、最大で50%割引の料金で年賀状を印刷することができます。

宛名印刷とご自宅にお届けする送料は無料でご利用いただけるので、お得に七五三の年賀状を印刷することができますよ。

年賀状印刷はフタバ

まとめ

お子さまの七五三の年賀状は、親しい人や親族の方に向けて送ると、良い近況報告の年賀状になります。

七五三の年賀状を送る場合は、写真の選び方やデザインの選び方、一言メッセージの書き方などのポイントをしっかりおさえることで、よりステキな七五三の写真年賀状を送ることができますよ。

関連記事