年賀状を作る場合、家族写真やお子さんの写真を使って年賀状を作る方も多いのではないでしょうか。

写真年賀状をきれいに印刷したい場合は、写真の選び方やはがきの種類の違いについて知っておく必要があります。

今回は写真年賀状の印刷について紹介いたします。

また、写真年賀状の印刷は、自宅のプリンターで印刷するよりもプロの印刷業者に頼んだ方が、よりきれいに印刷することができるだけでなく、コストを抑えられることもあります。

フタバの年賀状印刷サービスなら、豊富なテンプレートのデザインを取り揃えているので理想の写真年賀状を作ることができます。宛名印刷は無料でご利用いただけるので、お得に写真年賀状を印刷することができますよ。

印刷した写真年賀状は送料無料でご自宅までお届けいたします。

さらに、「年賀状はフタバ」のサイトから申し込めば最大50%も料金がお得になります!

フタバの年賀状印刷サービスについて詳しく知りたい方はこちら

写真年賀状は送る相手を選ぼう

まず、写真年賀状は、送る相手によって気を付けなければならないポイントがあります。
目上の人やビジネス関係の人に送る場合は、相手に失礼が無いような写真を選ばなければなりません。

そのため家族との面識がある方に送る場合以外では、イラストの年賀状の方が無難であると言えるかも知れません。

砕けた雰囲気の写真で年賀状を作る場合は、送る相手は友人のみに限定しましょう。

また、お子さんだけの写真は不妊に悩んでいる人もいるので注意する必要があります。できればお子さんだけの写真よりも、家族写真の年賀状の方が差出人の近況もわかるのでおすすめです。

写真年賀状を印刷するはがきの種類について

普通紙

普通紙の年賀はがきは、一番なじみのある年賀はがきですね。

しかし、普通紙の年賀はがきで写真を印刷してしまうと、色がぼやけたり滲んだりしてしまったりするほかにも、繊細な色の違いまでを表現できません。そのため、写真年賀状の印刷にはあまり向いていません。

インクジェット紙

インクジェット紙の年賀はがきは、インクがしっかりと発色できるように加工されています。

そのため、インクの吸収率が普通紙の年賀はがきに比べて高く、プリンターで写真年賀状を印刷した時に、きれいに印刷することができます。

ただし、元の写真よりも若干ですがコントラストが甘く、どうしてもぼんやりとした仕上がりになってしまいます。

写真インクジェット紙

インクジェット紙に比べて、さらにインクが滲みにくい年賀はがきです。

インクジェット紙で印刷するよりももっときれいに写真年賀状を印刷したい!という方はこちらのはがきを選びましょう。発色がきれいなので、コントラストもはっきりしていて写真としてのクオリティを損なわずに年賀状として印刷することができます。

風景の写真などを使って年賀状を印刷したい場合は特におすすめですが、普通紙の年賀はがきに比べて値段が高いので、注意する必要があります。

年賀状に使う写真の選び方について

サイズは1181px × 1749px以上

写真を選ぶ際にまず確認したいのが、写真データのサイズです。スマートフォンで撮影した写真や保存した画像を使う場合、スマートフォンのアプリで加工したものだと、加工した後にサイズが変わっていることがあるので注意が必要です。

というのも、アプリで加工する場合、アプリでの操作をスムーズにできるよう自動的に画質を低くしている場合があるからなんです。

写真年賀状に使う場合は1181px × 1749px以上のサイズのデータならきれいに印刷することができます。

均等に光が当たっている写真を選ぶ

写っている人の全体に対して光が均等に当たっている写真は、明るさのバランスが良いため、きれいな仕上がりで印刷することができます。

光の当たり方にばらつきがある写真は、影になっている部分が印刷すると暗くなり、写っている人の表情が隠れてしまうことがあります。

逆に光が当たりすぎている部分がある場合は、その部分が真っ白になって見えづらくなってしまう可能性もあります。

コントラストがはっきりしている写真を選ぶ

写真の明るさを補正する場合に、全体が同系色でまとまっている白っぽい写真は色が飛んでしまうことがあります。逆に明るさを補正しなかった場合、印刷した時に全体的に暗い印象に仕上がってしまうこともあります。

こうした仕上がりの不具合を防ぐためには、コントラストがはっきりしている写真を選ぶことで、補正したときに印刷がきれいに仕上がります。

逆光の写真は避ける

逆光の写真は、顔や体に影ができて暗く見えてしまうため、表情が分からずに暗い印象の写真年賀状になってしまいます。

補正して写っている人を明るくした場合、ただでさえ明るい背景が余計に明るくなってしまうので、今度は背景がまったく見えなくなってしまうかもしれません。

写真年賀状を印刷する際には、逆光の写真は選ばないようにしましょう。

テンプレートを使う場合のコツ

年賀状に使う写真の枚数はもちろん自由です。

しかし、限られた年賀はがきのスペースを活かすためには、なるべく1枚の写真をクローズアップした年賀状の方が、シンプルかつインパクトのあるデザインを作ることができます。

色彩が多い写真の場合には、背景をすっきりさせて、明るくてシンプルな色彩でまとめると、おしゃれな年賀状を印刷することができますよ。

写真年賀状の印刷はプロに頼んだ方がいい?

写真年賀状は、自宅で印刷するのとプロの印刷業者に頼むのと、どちらが良いのでしょうか。

結論としては、プロに頼んだ方が確実かつ、きれいに仕上がります。

そして気になるコストに関してですが、場合によっては印刷業者に依頼する方が安くなることもあります。

時間と手間がとてもかかる

自宅で家庭用のプリンターを使って写真年賀状を印刷するには、まず、そのプリンターで本当にきれいに写真年賀状が印刷できるか、実際に印刷してみる必要があります。

上手く色が発色できていない場合や滲んだりくすんだりしてしまう場合は、パソコン上で見ている印刷したい写真データの色空間と、実際にプリンターで印刷できる写真データの色空間が違う可能性があります。

きれいな写真年賀状を印刷するためには、まず空間を合わせてから変化した写真データの色を調節し直してテストプリントをします。

納得できるクオリティになるまで再度色チェックを行わければならないなど、意外と大変なんですよね。

その点、プロに頼めばきれいな年賀状を印刷してもらうことができます。家庭用のプリンターで印刷するよりも高性能な印刷機で印刷してもらえるため、高品質の年賀状を印刷してもらえることができますよ。

意外とコストがかかる

写真年賀状の印刷は、1回で大量のインクを消費してしまいます。そのため、たくさん年賀状を印刷する場合は、プリンターのインクの予備をあらかじめいくつも用意しておく必要があります。

年賀はがきに関しても、印刷ミスをしてしまった時の事を考えて多めに購入しておく必要もありますよね。そうした細かいコストを考えると、最終的にはプロに注文した方が安い場合もあります。よく比較検討してみましょう。

フタバの年賀状印刷サービスなら写真年賀状がきれいに印刷できる

フタバの年賀状印刷サービスは、豊富なテンプレートのデザインを取り揃えているだけでなく、宛名印刷と送料を無料で印刷することができます。

フタバの年賀状印刷サービスの詳しい内容については以下をご覧ください!

豊富なオリジナルデザイン

フタバの年賀状印刷サービスのデザインは、50名以上のデザイナーによって手掛けられたオリジナルのデザインを豊富に取り揃えております。

俳画作家や絵手紙アーティスト、イラストレーターなど、さまざまな分野の方による思いが込められた、あたたかみのあるデザインをお選びいただけます。キャラクターアイテムも積極的に取り入れており、楽しい年賀状を作ることができます。

もちろん、写真入りの年賀状を印刷することもできます。

宛名印刷の印刷費が無料

フタバの年賀状印刷サービスなら、宛名印刷の印刷料金を無料で利用することができます。

ご自宅にお届けする送料も無料ですので、お得にご利用いただけます。

30年の経験とノウハウによる確かな品質

フタバの年賀状印刷サービスは、これまで30年以上の年賀状印刷の経験とノウハウを培ってきました。

また、2007年よりISO9001の認証を取得しているため、高い品質を保証いたします。

その他にも、Pマーク(プライバシーマーク)を取得済みであることに加え、独自の生産管理システムを導入してリアルタイムで工程を共有することができるなど、お客様に安心してご利用いただける環境を整えております。

簡単申し込み

フタバの年賀状印刷サービスはネットから簡単操作でお申込みいただけます。スマホからでも申し込みができるため、5分でお申し込みを完了できます。

また、ご利用料金のお支払いはコンビニ後払いもご利用いただけるため、大変便利です。

年賀状印刷はフタバ

まとめ

写真年賀状を印刷する際には、写真の選び方やはがきの種類についてしっかりと把握しておきましょう。写真年賀状は、印刷業者のプロにお任せすることで、きれいに印刷を仕上げることができるだけでなく、結果的にコストを抑えることもできる場合もあります。

フタバの年賀状印刷サービスなら、高い品質で豊富なデザインの写真年賀状を印刷することができます。年賀状印刷サービスのご利用をお考えの際は、ぜひフタバの年賀状印刷サービスをご利用ください。