年賀状を作る際に、まず気になるのが年賀状のデザインについてですよね。

イラスト年賀状や写真年賀状など、さまざまなタイプの年賀状を作ることができますが、実は年賀状のデザインには選び方や注意点があります。

今回は、年賀状のデザインについて選び方や注意点を紹介します。

フタバの年賀状印刷サービスなら、豊富なイラストやテンプレートを取り揃えているので、ビジネス関係の人から親しい友人までどんな人にも送ることができる年賀状を印刷できます。

「年賀状はフタバ」のサイトからお申込みいただければ最大で50%割引の料金で印刷することができます。よりお得に年賀状を印刷できますよ。

フタバの年賀状印刷サービスについて詳しくはこちら

年賀状のデザインのイラストやテンプレートの選び方

イラスト年賀状の場合

イラスト年賀状を印刷する場合には、富士山、鏡餅、こま、羽子板などのお正月らしい縁起物がモチーフになっているイラストを選ぶのがスタンダードです。その年の干支のデザインも人気のデザインですね。

イラストを選ぶ上で大切なのは、イラストを選ぶ前に、どんな年賀状にしたいのか、イメージやテーマを明確にすることです。

「おしゃれ」「かわいい」「シンプル」などのようにテーマを決めて、それにふさわしいイラストを選ぶと素敵な年賀状が作れますよ。

写真年賀状の場合

写真年賀状で子どもの写真や家族写真など人物が入った写真を使う場合は、文字が多めのテンプレートを選ぶと、明るい年賀状になります。
キャラクターのスタンプ素材などを使っても、かわいく仕上がります。背景は白っぽく明るいものだとすっきり見えるのでおすすめです。

旅行の写真やイベントの写真など、近況報告の写真を使う場合では、イラストや文字の色合いが、写っている人の服装や背景の色と調和するようなテンプレートを選ぶとよいでしょう。

風景写真のように、主役が人物ではない写真の場合は、写真を大きく配置できて、写真を邪魔しないシンプルなテンプレートを使うことで、目を引くデザインの年賀状を作ることができます。

使いたい写真の枚数が多い場合は、最低限の文字やスタンプのテンプレートを選ぶことで、ごちゃごちゃしないすっきりとした年賀状を作れますよ。

イラストやスタンプを多く使いたい場合は、シンプルな写真を選ぶとよいでしょう。

年賀状のデザインについての注意点

賀詞について

相手が上司など目上の人場合は、「謹賀新年」や「恭賀新年」など4文字の賀詞を使うのがマナーです。使わなかった場合は失礼になってしまうので注意が必要です。

部下などの場合は「寿」や「福」など1文字の賀詞のほかに、「賀正」「迎春」など2文字の賀詞を使うのがよいでしょう。

「明けましておめでとうございます」や「新年おめでとうございます」は使う相手を選ばない賀詞ですので、安心して使えますね。

英語の「Happy New Year!」を使いたい場合、「A Happy New Year!」と間違えないように注意してください。「A Happy New Year!」はクリスマスとともに年末年始に使われる言葉になってしまうため、年賀状には不向きのためです。

「新年あけましておめでとうございます。」のような二重賀詞にも注意!

メッセージについて

年賀状のメッセージを書く時には、句読点を使わないようにしましょう。というのも、賀状は慶事ということもあるので、「区切りなし」という意味も合わせて、句読点で区切らない方が縁起が良いという慣習があるためなんですね。

また、忌み言葉を使わないように注意する必要があります。注意したつもりでもついついやってしまいがちなのが「去年」です。「去る」には離れていくという意味がありますので、「昨年」などに言い換えましょう。

ほかにも、「枯れる」「衰える」「破れる」「失う」「倒れる」「滅びる」などの言葉は使わないように気をつけましょう。

また、「あけましておめでとうございます」などの新年を祝う文章を赤い文字で書くのもマナー違反にあたるので注意!

年賀状のデザインを持ち込んで入稿する場合

自分で作った年賀状のデザインのデータを印刷業者に入稿して印刷する場合には、次のことに注意しなければなりません。というのも、年賀状を印刷して断裁する時に、必ず0.5~1mm前後のズレが発生してしまいます。

そのため、文字やスタンプが見切れてしまわないようにするには、端から3mm以上内側に配置する必要があります。

フチなしデザインの場合は塗り足し部分を作成しましょう。塗り足しとは、少し余分にデザインや写真の幅を広くしておくことです。この塗り足しがなかった場合、断裁時のズレが発生してしまい、はがきの端までデザインが印刷されない可能性があります。

フタバなら豊富なデザインの年賀状を印刷できる

ここまで年賀状のデザインについて紹介してきましたが、フタバ年賀状ではビジネス関係の人から親しい友人までどんな人にも送ることができる年賀状のイラストやテンプレートを取り揃えています。

さらに、「年賀状はフタバ」のサイトからの申し込みで、最大50%の割引価格で年賀状を印刷することができます!

詳しいサービス内容については以下をご覧ください。

豊富なオリジナルデザイン

フタバの年賀状印刷サービスのデザインは、50名以上のデザイナーによって手掛けられたオリジナルのデザインを豊富に取り揃えております。

俳画作家や絵手紙アーティスト、イラストレーターなど、さまざまな分野の方による思いが込められた、あたたかみのあるデザインをお選びいただけます。キャラクターアイテムも積極的に取り入れており、楽しい年賀状を作ることができます。

もちろん、写真入りの年賀状を印刷することもできます。

宛名印刷の印刷費が無料

フタバの年賀状印刷サービスなら、宛名印刷の印刷料金を無料で利用することができます。

ご自宅にお届けする送料も無料ですので、お得にご利用いただけます。

30年の経験とノウハウによる確かな品質

フタバの年賀状印刷サービスは、これまで30年以上の年賀状印刷の経験とノウハウを培ってきました。

また、2007年よりISO9001の認証を取得しているため、高い品質を保証いたします。

その他にも、Pマーク(プライバシーマーク)を取得済みであることに加え、独自の生産管理システムを導入してリアルタイムで工程を共有することができるなど、お客様に安心してご利用いただける環境を整えております。

簡単申し込み

フタバの年賀状印刷サービスはネットから簡単操作でお申込みいただけます。スマホからでも申し込みができるため、5分でお申し込みを完了できます。

また、ご利用料金のお支払いはコンビニ後払いもご利用いただけるため、大変便利です。

年賀状印刷はフタバ

まとめ

年賀状のデザインを考える時は、選び方や注意点についてしっかりと知っておくことで、より素敵な年賀状を印刷することができますよ。

特に賀詞やメッセージについてのマナーには十分に注意しましょう。

フタバの年賀状印刷サービスなら、スマホやネットからかんたん申し込みで、豊富なデザインの年賀状を高い品質で印刷することができます。

年賀状印刷サービスのご利用をお考えの際は、ぜひフタバの年賀状印刷サービスをご利用ください。