どんな年賀状を送ろうか考えたときに、「毎年同じような年賀状を送るのも味気ないから何か別のネタが欲しい!」と思ったことはありませんか?

いつもの年賀状に少しひねりを加えるだけで、クスッと笑えるような年賀状を作ることができますよ。

今回は年賀状に使えるネタや、キャラクターデザインを使う際の注意点を紹介します。

年賀状を作る時期は、年末に向けて何かと忙しい時期ですので、

ネタ探しに苦労せずに年賀状を印刷したい!

と思ってしまうものですよね。

フタバの年賀状印刷サービスなら豊富なオリジナルデザインを、印刷したいイメージのカテゴリから選んで年賀状を印刷できますので、ネタに困ることはありません。

さらに、「年賀状はフタバ」のサイトから直接お申込みいただくと、最大50%割引の料金で年賀状を印刷することができるので、お得に年賀状を印刷することができますよ。

年賀状のネタでキャラクターを使うには?

年賀状ネタの定番といえば、その年の“干支”がモチーフのイラストですよね。

もらう年賀状も、ほとんどが干支のイラスト入りといっても過言ではないはずです。

どんなイラストを選べばいいか、使用する際に注意すべき点があるのでしょうか。

その年の干支の動物のキャラクターを選ぶ

来年は丑年なので、牛モチーフの年賀状は多いでしょうね。

ただし、干支のイラストはベタすぎて嫌だと感じていませんか?

そんな人は牛がモチーフのアニメキャラクターなどを使ってみましょう。

有名なキャラクターなら、「あ、これ知ってる!」と注目をひけること間違いなしだと思います!

その年の干支にちなんだ人気キャラクターのデザインを使う

「干支のイラストは入れたいけど、干支にちなんだキャラクターが限られていたり他の人と被ることが心配…。」

そんな人には、人気キャラクターが干支の着ぐるみを着ているイラストなどもおすすめです。

イラストの選択肢がグッと広がりますよ。

普段見慣れているキャラクターではなく、年賀状ならではの干支仕様となっているので、もらった人も珍しくてじっくり読んじゃうかもしれないですね。

同じイラストは12年に1度しか使えません。

もし好きなキャラクターがいるのであれば、可愛い干支コスチュームをまとったイラストを探してみてはいかがでしょうか?

年賀状のデザインでキャラクターを使用する際の注意点

ただし、年賀状デザインで好きなキャラクターを使用する際は、必ず著作権に注意しましょう。

インターネットで調べると様々なイラストが出てきますが、すべて「無断使用しても大丈夫」というわけではありません。

年賀状は商用利用ではありませんが、二次利用不可な場合、無断利用することは著作権の侵害に当たる場合があります。

また、「自分で手書きで書いたら問題ない?」と思う方もいらっしゃいますが、そのキャラクターだと認識できる場合「手書きイラスト」であっても著作権の違反となる可能性があります。

あまりに悪質だと訴えられる可能性もあるので、著作権については注意が必要です。

年賀状にキャラクターを使用したい場合は、キャラクターの版権元が二次利用可能素材を配布している場合もあるので一度調べてみてくださいね。

どうしてもインターネット上のイラストを使用したい場合は、キャラクター版権元に直接許可を取ってから使用しましょう。

また、本屋さんやコンビニなどで「年賀状向けイラスト」や「キャラクター年賀状素材集」など購入できる素材も販売されています!

使い方はとても簡単です。

インターネットからダウンロードしたり、付属のCD-Rなどからインストールするだけで簡単にパソコンに取り込めます。

最近ではUSBメモリを使ってコンビニなどでスキャンする人も多いそうです。

更に手間を省きたいのであれば、すでにイラストが入った年賀状を購入してみてはいかがでしょうか。

フタバの年賀状印刷サービスなら、人気のキャラクターのイラスト年賀状を印刷することができます。

 

フタバの年賀状印刷サービスでキャラクター年賀状を印刷したい方はこちら

年賀状印刷はフタバ

年賀状のおもしろ一言ネタ

「年賀状はいつものままだけど、+αでちょっとしたネタを入れたい」

そんな人には「おもしろ一言ネタ」がおすすめです。

近況報告にプラスアルファの一言を添える

1年に1度、普段会えない人に年賀状で近況報告をするという人も多いですよね。

よくある一言ではなく、ちょっと変わった一言を添えてみるのはいかがですか?

「今年から息子が中学生です」というよくある近況報告ですが、

「今年から息子が中学生です。毎日食べる量がすごくて作るのが大変です(笑)」など、詳しく変わった内容をプラスすると簡単ですよ。

「家族がもう一人増えました」という報告にも、

「家族がもう一人増えました。3姉妹にパパがデレデレです!」などを付け加えると、もらった人も微笑ましい気持ちになるかもしれませんね。

目標や抱負に茶目っ気を加える

年賀状で抱負を発表する際にも、クスッと笑ってしまうような一言を添えてみてはいかがでしょうか。

「昨年は5kg太りました。今年こそは5㎏太りたいと思います!」なんて言っておけば、読んだ人もお正月明けに「年賀状見たよ!(笑)」と声をかけてくれるかもしれません。

「今年こそはズボラ卒業します!」と宣言しておけば、普段からズボラしていないかチェックしてもらえるかもしれないですね。

定番の一言をアレンジ

年賀状で定番の一言といえば「今年もよろしく」ですが、この一言こそアレンジを加えてみてはいかがでしょうか。

身近な友人への年賀状なら、「今年もお世話になるつもりです」や「今年も新年早々から飲みに誘うね」など仲がいいならではのコメントを入れるのも良いと思います。

1年に1度お正月に集まるような親戚であれば、「今年もおせち楽しみにしています。」「今年もかるたしましょうね」などといつもの風景を綴ってみてはいかがでしょうか。

縦読みメッセージを作る

こちらは難易度が少し高いのですが、自作の縦読みメッセージを作ってみてはいかがでしょうか。

例)おとしだまの縦読みメッセージ
お!いよいよ2021年だね。
とうとう
しらがが生えてきちゃったよ
だってもうおじいちゃん
まごに囲まれて幸せです

たまに新聞欄で縦読みメッセージを見つけると嬉しいですよね。

うまくメッセージを作ることができれば、印象に残る年賀状となるでしょう。

自作の年賀状ネタで個性を発揮しよう

更にオリジナリティーの高い年賀状を目指すなら、自作の年賀状でネタを入れるのはいかがですか?

イラストを彫る

小学生の時、彫刻刀で消しゴムを彫って消しゴムハンコを作った記憶はないですか?

消しゴムハンコなら、リーズナブルかつ簡単にオリジナリティーの溢れる年賀状を作ることができます。

彫ってしまえば、インクをつけて年賀状にスタンプするだけなのでとっても簡単です。

自分の好きなイラストや文字を入れることができ、手作りで味のある彫刻イラストは他の年賀状と差別化をすることができますよ。

単色でハンコを押すのもいいですが、数色使ってみてもデザイン性が上がっておしゃれになりますよ。

スクラップブック風年賀状

大事な人に年賀状を送るなら、とっておきの「スクラップブック風年賀状」はいかがでしょうか。

こちらは少々手間がかかってしまいたくさんの枚数を作るのは大変ですが、オンリーワンの年賀状を作ることができます。

例えば祖父母に向けて、孫の成長記録写真をスクラップして年賀状にすると大変喜ばれます。

普段会えないおじいちゃんおばあちゃんも、孫を近くで見ているような気分になれますね。

年賀状のネタの素材集め

手作りで年賀状デザインを作る際に、あると助かる素材についてまとめました。

まずはこれさえ用意すれば簡単に年賀状が作れるので、ぜひ参考にしてみてください。

写真のフレーム素材

まず用意しておいて間違いないのは、フレーム素材です。

フレームに「あけましておめでとう」や「今年もよろしく」などのメッセージや、お正月仕様のイラストが含まれているものは鉄板です。

写真にフレームをプラスするだけで、ぐっと年賀状らしいデザインになります。

干支や文字などのイラスト素材

もう一つ用意しておくと助かるのは、「干支のイラスト」や「お正月仕様の文言イラスト」の素材です。

「謹賀新年」や「干支のイラスト」、「今年もよろしく」などを組み合わせると簡単に年賀状のデザインが完成します。

市販のデザインは嫌だけど、面倒なのも嫌だという方は、このようなイラストを組み合わせて年賀状作りしてみてはいかがでしょうか。

はがきテンプレート素材

もっとお手軽に年賀状作りをしたいなら、「はがきテンプレート」というものがあります。

テンプレートを印刷するだけで、時間がなくても簡単にオリジナルの年賀状を作成することが可能です。

年賀状のネタに困ったら、まずは簡単なテンプレートを使用して手作り年賀状を始めてみてはいかがでしょうか。

フタバならネタに困らないで年賀状を印刷できる

ここまで年賀状のネタについて紹介してきましたが、年賀状の準備をしなければいけない時期は年末に向けて何かと忙しいものですよね。

ネタについて考えるのにも一苦労だし、ネタを探さないで年賀状を印刷したいという方も多いのではないでしょうか。

フタバの年賀状印刷サービスなら、豊富なオリジナルデザインから印刷したいイメージのカテゴリから選んで年賀状を印刷することができるので、ネタに悩まずに年賀状を印刷することができますよ。

50名以上のデザイナーが手がけたデザインから選ぶことができるので、かわいらしいものから、幾何学模様のようなアーティスティックなものまで、さまざまなタイプの年賀状を印刷することができます。

宛名印刷の料金とご自宅にお届けする送料は無料でご利用いただけます。

さらに、「年賀状はフタバ」のサイトから直接お申込みいただくことで、最大50%割引の料金で年賀状を印刷することができますので、お得に年賀状を印刷することができますよ。

スマホから5分でかんたんにお申込みいただけるので、初めての方でも安心です。

年賀状印刷はフタバ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

1年に1回ですが、年賀状のデザインって毎回悩みますよね。

「ありきたりなデザインもなんだし、少しおもしろい年賀状を作ってみたい」という方は、この記事を参考にしてみてくださいね。

簡単な一言メッセージを添えたり、素材を組み合わせたりして自作するだけでも素敵な年賀状になります。

「あんな年賀状あったなぁ」なんて記憶に残る年賀状になったら嬉しいですね。