年賀状は、郵便局などで取り扱っている年賀はがき以外でも投函することができます。

旅先などで購入したおしゃれなデザインのポストカードを年賀状として出すこともできますよ。

しかし、いくつかの注意点を守って投函しなければ、余計に料金を払わなければいけなくなる可能性があります。

今回は、ポストカードを年賀状として送る場合の注意点や書き方などについて紹介します。

ポストカードを年賀状として出しても大丈夫?

年賀状を出す場合、どんなはがきで出しても問題ありません。

郵便局が発行しているはがきは通常はがき(郵便はがき)と呼ばれますが、それ以外の切手が印刷されていないはがきを私製はがきと呼びます。

年賀状は、年賀はがきではない官製はがきでも問題なく配達されます。

私製はがきの場合でも、切手をきちんと貼っていれば問題なく配達されます。

もちろん、旅先の雑貨店で購入したり、テーマパークのグッズ販売所などで購入したりしたポストカードなどを年賀状として出すこともできますよ。

通常の年賀はがき以外のはがきで年賀状を出すことは、マナー違反にはあたらないので安心してくださいね。

ポストカードを年賀状として出す時の注意点

私製はがきの規格を守る

注意しなければならないのは、私製はがきには「私製はがきの規格及び様式」という規格があることです。

この規格に沿っていなかった場合、 はがきではなく「第一種郵便物」として扱われることになります。

これは、自分で作った私製はがきだけに当てはまるわけではありません。

購入したポストカードなどを使って年賀状を出す場合でも注意しなければなりません。

一見すると形は長方形のポストカードでも、 実際は長さや重さが私製はがきの規格外の扱いになるものもあります。

それを知らずに63円切手を貼って投函してしまうと、料金不足で戻ってきてしまうこともあります。

そうなってしまわないよう、投函する前には 「私製はがきの規格及び様式」をよく確認しておくことをおすすめします。

不安な場合は、直接郵便局の窓口に持って行って切手代を確認してから投函、もしくは郵便局の窓口で処理してもらうと、確実に送り先に届けることができます。

別途切手代が必要

先述の内容でも軽く触れましたが、私製はがきで年賀状を出す場合には、別途切手代が必要になります。

郵便局で販売されている年賀はがきには既に切手が印刷されているので、届けてもらうための料金は、購入するときに必要なはがき代のみの63円となります。

私製はがきの場合は、購入したものであっても、自分で作ったはがきの場合でも別途の切手代が必要となります。

規格内のサイズのものであれば、 63円の切手代が発生するということです。

規格を超えてしまった場合は、超過分の切手代もかかってしまうので注意しましょう。

ポストカードで年賀状を出す場合は、「切手を貼り忘れたまま投函してしまった!」という方がたまにいらっしゃいます。

切手の貼り忘れには特に注意しましょう。

また、私製はがきに切手を貼る場合は、できるだけ少ない枚数でおさめるようにしましょう。

63円分の切手を貼る場合に、少ない金額の切手を何枚も何枚も貼って投函するのは、家にあった切手を寄せ集めたのではないかという印象を持たれてしまう可能性があります。

見た目的にもごちゃごちゃしてしまうため、できる限り避けた方がよいといえるでしょう。

そのほか、年賀状を私製はがきで送る人のために、年賀切手という特殊な切手が毎年発行されています。

寄付金付お年玉付年賀郵便切手であれば、お年玉くじの抽選番号が切手に印字されているため、年賀状を受け取った後の楽しみまで一緒に送ることができますよ。

ポストカードを年賀状として出す時の書き方

切手の下に「年賀」と赤色で記入する

ポストカードの年賀状を、きちんと年賀状と認識して配達してもらうための一番重要な作業が、切手を貼ったすぐ下の部分に赤色の文字で「年賀」と記入することです。

この赤色の「年賀」の文字がない場合は、年賀状として扱われない可能性が高くなります。

そのまま年内に投函した場合、通常郵便物として扱われてしまい、1月1日よりも前に配達されてしまうので注意しましょう。

「年賀」の文字は、切手を貼った下の部分に 「赤色」で「はっきり」と「縦書き」で記入するようにしましょう。

この「年賀」の文字は、赤色ではっきり見えさえすれば、手書きの文字でも印刷した文字でもハンコでも問題ありません。

投函する枚数が多いという場合は、郵便局に行けばゴム印が置いてありますので、それを使って押印すると作業が楽に行えますよ。

「年賀」の文字は、年賀切手が貼ってある場合でも記入が必要なので注意しましょう。

年が明けてから投函する場合は、通常郵便物としてそのまま配達されるので、「年賀」の文字の記入は特に必要ありません。

宛名面に「郵便はがき」と記入する

私製はがきを普通はがき、または年賀はがきとして配達してもらうためには、宛名面の上部か左側、(横向きに使う場合は右側)の中央部分に、「郵便はがき」または 「POST CARD」と記載する必要があります。

この記載がなかった場合は、はがきとして扱われずに63円で送ることができなくなってしまい、第一種郵便物として追加の料金を支払わなければならなくなりますので、注意が必要です。

記入する際の色は黒でも問題ありませんが、 わかりやすいようにで書いておくのが確実です。

購入したポストカードにはすでに記載されているものもあるので、投函する前に一度確認しておきましょう。

年賀状を印刷したいならフタバ

ポストカードの年賀状は、おしゃれな年賀状として送ることができますが、年賀状を送る予定の全ての人に対してポストカードで送るのは大変ですよね。

ポストカード以外にも、普通の年賀状が印刷したいという方は、フタバの年賀状印刷サービスを利用することで、お得に年賀状を印刷することができますよ。

フタバなら年賀状をお得に印刷できます!

送料無料

宛名印刷無料

最大50%割引

2,750円(税込)以上のご注文で無料フォトブックプレゼント

 

『年賀状はフタバ』のサイトから直接お申込みいただくと「最大50%割引」で年賀状を印刷ができるキャンペーンを開催中です。

また、正午までのご注文で即日印刷・翌日発送に対応しておりますので、お急ぎの場合もご利用いただけます。

スマホから5分で申し込み完了

フタバの年賀状印刷サービスは、初めての方でもカンタンに注文可能。

スマホから5分でお申込みいただけます。

(パソコンやタブレットからのお申込みも可能です。)

年賀状印刷専門店ランキングで5冠達成!

フタバの年賀状印刷サービスは、「印刷技術が高い印刷会社」「上質な年賀状」「品質がよい年賀状」「50枚あたりの料金が安い年賀状」「印刷料金が安い年賀状」の部門で、第1位を獲得いたしました。

※2020年 株式会社DOUBLEによる年賀状印刷サービスに関するアンケート調査

高い品質を保証

年賀状印刷業を開始して30年のフタバは、その経験と実績から高い品質が評価されています。

さらに、フォトアルバム事業も展開しており、写真年賀状の印刷技術も納得いただける品質でお届けいたします。

年賀状で思いを伝えたいあなたへ

フタバの年賀状は、定番の干支デザインや、人気のディズニーキャラクター年賀状、お気に入りの写真を使ったオリジナル年賀状など、豊富なデザインを取揃えております。

また、俳画作家や絵手紙アーティスト、イラストレーターなど、プロのデザイナーが手掛けたオリジナルデザインも人気です。

年に一度のご挨拶。大切なあの人へ、日頃お世話になっている方へ、素敵な年賀状を送りましょう。

年賀状印刷はフタバ

まとめ

ポストカードを年賀状として送る際には、「私製はがきの規格及び様式」をしっかりと守りましょう。

「年賀」の文字の記載や、「 郵便はがき」の文字の記載なども忘れずに行ってから投函する必要があります。

今回紹介した注意点や書き方をしっかりと守って、おしゃれなポストカードの年賀状を送ってくださいね。

年賀状を印刷したい場合は、ぜひフタバの年賀状印刷サービスをご利用ください!