レーザープリンターは、インクジェットプリンターに比べてコストを抑えて耐久性のある年賀状を印刷することができます。

ただし、普通紙の年賀はがき以外には印刷することができないので注意しましょう。

今回はレーザープリンターでの年賀状印刷について紹介します。

レーザープリンターはコストを抑えて印刷できるのがメリットですが、自宅でレーザープリンターを使って印刷するのは、どうしても手間と時間がかかってしまいます。

ですが、フタバの年賀状印刷サービスなら、業務用のレーザープリンターを使って印刷しているので、滲みにくい高品質な年賀状をかんたんに印刷することができます

写真年賀状も、フォトブック制作事業のノウハウを活かしたプロの技術でキレイな仕上がりです。

さらに「年賀状はフタバ」のサイトから直接お申込みいただくと最大50%割引の料金で年賀状を印刷できるのでお得です。

レーザープリンターで年賀状は印刷できる?

結論から述べると、レーザープリンターで年賀状は印刷できます。

レーザープリンターは一般的な家庭にあるインクジェットのプリンターとは違い、普通紙にも印刷することが可能です。

インクジェットプリンターの場合、インクジェット紙のはがきを購入する必要があります。

つまり、通常の「お年玉付き年賀はがき」には印刷できないのです。

インクジェットとは、ペンで書くと滑りが悪く書くにくい少しマットな紙のことです。

レーザープリンターで印刷すると、耐水性はありませんがにじみなどもなく、くっきりと印刷することが可能です。耐久性に優れているとも言えますね。

ただし、写真を印刷する場合は銀塩プリントなど、適した印刷方法があるのであまりおすすめできません。

「鮮明に印刷するより、コスト削減を重視して写真印刷したい」というのであれば十分ですので、どこに重点を置くか考えてみてくださいね。

レーザープリンターの選び方

ではレーザープリンターを選ぶときは、どのようなことに気を付けるべきなのでしょうか。

最大用紙サイズ

レーザープリンターを選ぶ際、対応の用紙サイズによって機種が異なってきます。

標準A3対応のプリンターにしたい場合、業務用の大型プリンターしか選択肢がなくなってしまうのです。

しかし標準がA4対応でも、手差しトレイを使用してA3対応できる機種を選ぶと幅は広がりますよ。

コピー&スキャナー機能

レーザープリンターには印刷機能のみの機種と、「複合機」と称される多機能プリンターの機種があります。

「複合機」とは、印刷以外にもコピーやスキャナー、FAX機能も備わっているものを指します。

どの機能が必要かによって機種・価格も変わってきますので、どんな目的で使用するか考えてから購入するようにしてください。

サイズ

レーザープリンターのデメリットですが、本体サイズや重さが大きいということです…。

特にカラーレーザープリンターだと、複雑な内部構造なのでどうしても大きくなってしまいます。

家庭用のレーザープリンターであればコンパクトなものも発売されていますが、本当にレーザープリンターを購入したほうがいいかじっくり検討してみましょう。

価格

インクジェットプリンターと比べてレーザープリンターは価格が高い傾向にあります。

現在は家庭向けに低価格なものも発売されていますが、基本的には少しお高め。

価格を抑えたいのであれば、印刷機能のみの機種を選ぶか、モノクロプリンターを選ぶといいでしょう。

デメリットも踏まえたうえで、本当にレーザープリンターにする必要があるか考えてみてください。

年賀状印刷におすすめの家庭用レーザープリンター

それでは実際に、おすすめの家庭用レーザープリンターをご紹介します。

キヤノン A3カラーレーザープリンター LBP841CS

キャノンから発売されるこちらのプリンターは、ランニングコストが抑えられるのが特徴です。

カラーなら1枚10.9円、モノクロであれば今2.7円というかなりリーズナブル。

標準でもA3印刷が可能・有線での接続となります。

ただし、重量約34㎏というなかなかの大物。置けるサイズかどうかは確認が必要です。

片面印刷なら毎分26枚のペース、両面印刷なら毎分20ページのペースでプリントできますよ。

 
最大用紙サイズA3
コピー&スキャナー機能コピーのみ
サイズ68 cmx 66cm x 46 cm
価格約5,0000円

ブラザー JUSTIO HL-3170CDW

こちらは、コンパクトかつリーズナブルな価格のレーザープリンターです。

カラー・モノクロ問わず1分当たり22枚の印刷が可能です。

コンパクトですが大容量の給紙トレイを備えているため、大量の印刷でも問題ありません。

無線LANにも対応で、スマホからの印刷もOKです。

 
最大用紙サイズA4
コピー&スキャナー機能コピーのみ
サイズ46.5 cmx 41 cm x 24 cm
価格約3,0000円

ブラザー HL-L2300

激安のレーザープリンターといえばこちら。標準A4対応となります。

印刷スピードも1分26枚のペースと比較的高速で、コストも1枚約3円となっておりかなり抑えられた価格です。

2WAYの給紙・排紙システムを搭載しているので、厚手の紙でも反り返らずに印刷することが可能です。

 
最大用紙サイズA4
コピー&スキャナー機能コピーのみ
サイズ50 cm x 44cm x 28cm
価格約1,0000円

NEC(日本電気) PR-L5800C

ビジネス仕様ではありますが、こちらは家庭用でも使いやすい重量約24.1㎏です。

無線LANでも接続可能なので、スマホやPCからでも印刷することができます。

残念ながらMac OSではハガキ印刷未対応となっているため、必ずお使いの機種を確認してから購入しましょう。

印刷スピードは1分当たり23枚、コストはカラーで1枚16.3円となっています。

 
最大用紙サイズA3
コピー&スキャナー機能なし
サイズ42cm x 48.1 cmx 34.7 cm
価格約85,000円

レーザープリンターで年賀状を印刷する際の注意点

ローコストで印刷できるレーザープリンターですが、年賀状を印刷する際には以下の点に気を付けましょう。

印刷できないはがきがある

レーザープリンターは普通紙に印刷します。

わざわざインクジェット紙のはがきを用意しなくていいのが魅力なので、つい誤って購入してしまわないように気を付けましょう。

そのほかにも、インクジェット写真用はがき・切り込みやミシン目のあるはがき・すでに印刷が施されているはがき・色加工がされているはがきも使用できません。

曲がっていたりしても使えないので、使用前には必ずチェックしましょう。

プリンターの機能や設定を確認する

印刷を開始する前には、必ずプリンターの設定もチェックしておいてください。

【用紙サイズがあっているか】

年賀状に印刷する場合は、はがきサイズに印刷できるように設定されているか確認しておきましょう。

【用紙の種類選択は適切か】

セッティングする用紙の種類を選択しておきましょう。

せっかくセッティングしたのに、設定が間違っていてうまく印刷できなかった…。なんてことがないように、必ず事前に設定を確認してくださいね。

また、ミスを減らすためにも最初は少ない枚数から印刷し、問題なければ追加することをおすすめします。

はがきをよくさばいてセットする

過去に年賀状を印刷したことがある方ならご存じかもしれませんが、よくあるトラブルが「用紙詰まり」です。

購入したはがきは重なっているので、静電気を帯びている可能性があります。

そのため静電気によってはがきがくっついてしまい、上手に給紙することができず用紙詰まりしてしまうことがあります。

少し面倒かもしれませんが、束で購入したはがきは一旦1枚ずつバラバラにしてからセッティングするといいでしょう。

レーザープリンターの印刷の仕組み

そもそもレーザープリンターとは、どういうものなのでしょうか?

レーザープリンターで印刷する仕組みをご紹介します。

帯電

レーザープリンターには、ドラムと呼ばれる黒い筒があります。

まずはこのドラムにトナー(インクの粉)をくっつけるため、静電気を帯びさせることを“帯電”と呼びます。

露光

帯電が完了すると、ドラムに印刷する内容を照射します。

この時レーザービームで照射するため、レーザープリンターと呼ばれるようになりました。

この工程を“露光”といいます。

現像

その次は“現像”です。

「写真を現像する」などで聞きなれた言葉ですよね。

ドラムに印刷内容を照射(露光)したあと、電圧が低くなった時点でトナー(インクの粉)を近づけます。

すると、ドラムの電圧が低い部分にのみトナーが張り付きます。

転写

現像が終わったら、ドラムについたトナーを用紙に“転写”する工程となります。

今度は用紙に、“帯電”の工程で帯びていた静電気と逆の静電気を帯電させることによりトナーを用紙に移動させます。

この工程により用紙に転写されます。

定着

最後は“定着”という工程です。

用紙にトナーを転写させた直後は、とても不安定な状態です。

ですので上から圧力と熱を加え、しっかりと用紙にトナーを定着させていきます。

定着まで完了することにより、レーザープリントが完了します。

版画をイメージするとわかりやすいプロセスかもしれませんね。

フタバならかんたんに高品質な年賀状を印刷できる

ここまでレーザープリンターでの年賀状印刷について紹介してきましたが、自宅でレーザープリンターを使って年賀状を印刷するのは、インクジェットプリンターを使って印刷するよりもハードルが高いです。

フタバの年賀状印刷サービスなら、業務用のレーザープリンターを使って印刷しているので、滲みにくいキレイな年賀状をかんたんかつお得に印刷することができます。

フタバなら年賀状をお得に印刷できます!

送料無料

宛名印刷無料

最大50%割引

2,750円(税込)以上のご注文で無料フォトブックプレゼント

 

『年賀状はフタバ』のサイトから直接お申込みいただくと「最大50%割引」で年賀状を印刷ができるキャンペーンを開催中です。

また、正午までのご注文で即日印刷・翌日発送に対応しておりますので、お急ぎの場合もご利用いただけます。

スマホから5分で申し込み完了

フタバの年賀状印刷サービスは、初めての方でもカンタンに注文可能。

スマホから5分でお申込みいただけます。

(パソコンやタブレットからのお申込みも可能です。)

年賀状印刷専門店ランキングで5冠達成!

フタバの年賀状印刷サービスは、「印刷技術が高い印刷会社」「上質な年賀状」「品質がよい年賀状」「50枚あたりの料金が安い年賀状」「印刷料金が安い年賀状」の部門で、第1位を獲得いたしました。

※2020年 株式会社DOUBLEによる年賀状印刷サービスに関するアンケート調査

高い品質を保証

年賀状印刷業を開始して30年のフタバは、その経験と実績から高い品質が評価されています。

さらに、フォトアルバム事業も展開しており、そのノウハウを活かしたプロの技術で写真入りの年賀状もキレイな仕上がりです。

年賀状で思いを伝えたいあなたへ

フタバの年賀状は、定番の干支デザインや、人気のディズニーキャラクター年賀状、お気に入りの写真を使ったオリジナル年賀状など、豊富なデザインを取揃えております。

また、俳画作家や絵手紙アーティスト、イラストレーターなど、プロのデザイナーが手掛けたオリジナルデザインも人気です。

年に一度のご挨拶。大切なあの人へ、日頃お世話になっている方へ、素敵な年賀状を送りましょう。

年賀状印刷はフタバ

まとめ

レーザープリンターはインクジェットプリンターよりもリーズナブルに印刷できるため、注目されている印刷機です。

ただしデメリットもあるので購入前にはしっかりとチェックしておきましょう。

レーザープリンターできれいに年賀状を印刷したいという場合は、印刷サービスに印刷を依頼するのが便利ですよ。