喪中はがきを出さなければならない際に、気になるのが喪中はがきの書き方です。

喪中はがきにはいくつかルールがあり、それに沿って書くことでマナー違反にならずに書くことができます。

今回は喪中はがきの書き方について紹介します。

ただし、喪中はがきを自分で書くとなると時間と手間がかかってしまいます。

ソフトなどを使って喪中はがきを自分で印刷する場合でも、印刷ミスやプリンターの不具合などが起こってしまうことも。

フタバの喪中はがきの印刷サービスなら、スマホから5分で簡単に喪中はがきの印刷をご注文いただけるので、初めての方や忙しい方でも安心してご利用いただけますよ。

最大50%の早期割引や無料のオプションサービスも充実していますので、お得に喪中はがきを印刷したい方にもピッタリのサービスです。

喪中はがきの内容の書き方

喪中はがき内容

喪中はがきを出すことになった場合、知らないことが多くてどこから手をつければいいのかわからなくて困る方も多いのではないでしょうか。

しかし、喪中はがきの内容の書き方には一定の決まりがあります。

書き方の決まりに沿って書くことで、相手に失礼のない喪中はがきになるので安心ですよ。

その1 年賀欠礼についての挨拶をする

そもそも、喪中はがきを出す意味は、年賀欠礼についての挨拶をするためです。

年内に身内に不幸があった場合は、喪に服し、新年の挨拶を遠慮する旨を知らせる必要があります。

そのため、喪中はがきには年賀状による新年の挨拶を遠慮する、失礼ながら挨拶は行わないという内容の文章を書く必要があります。

その2 故人について書く

喪中はがきには、故人について書く必要があります。

具体的には、下記の内容について書きましょう。

●誰が:故人の「名前」と差出人との関係がわかる「続柄」について書く

●いつ:「去る」「本年」「令和〇年」などの書き方がある

●何歳で亡くなったか:満年齢で書くのが一般的で、「享年〇〇歳」のように書く

 

その3 送り先の相手への感謝や健康を祈る言葉を書く

故人について書いた後は、送り先の相手に対する感謝の気持ちや健康を祈念する言葉を書きます。

具体的には、下記の3つの項目を組み合わせて書きます。

●先方への感謝の言葉

●先方の無事を祈る言葉

●今後の付き合いをお願いする言葉の組み合わせ

 

生前に故人がお世話になったことに対するお礼を始め、先方を思いやり今後も変わらぬお付き合いをお願いするための言葉を添えましょう。

その4 日付を書く

日付とは、喪中はがきを出す日のことを指します。

「令和〇年〇〇月〇〇日」のように日付を具体的に書いても構いませんが、必ずしも日にちまで指定する必要はありません。

指定日の当日に出すことができない可能性もありますので、「令和〇年〇〇月」のように年月までの記載にとどめておくことをおすすめします。

また、喪中はがきを出すのは年末になることが多くなりますが、11月に出す場合でも日付は12月として書くのが通例となっています。

その5 差出人について書く

最後は、喪中はがきの差出人について書きます。

具体的には、下記の内容について記載が必要です。

●名前

●住所

●連絡先の電話番号

 

なお、喪中はがきを連名で出す場合も、いつもの年賀状と同様の書き方で問題ありません。

喪中はがきの書き方の注意点

白い紙と筆ペン

喪中はがきは、年賀欠礼の意味であるとともに先方の相手に感謝する気持ちなどを伝えるものでもあります。

そのためつい感情が入ってしまい、マナー違反に気付かないこともあるようです。

喪中はがきには通常の手紙やはがきの書き方とは違うルールがありますので、注意して書くようにしましょう。

前文を省略する

喪中はがきの場合には、前文を省略します。

通常の手紙は「前文」「主文」「末文」の3つで成り立っており、前文とは下記のことを意味します。

頭語:「拝啓」「拝呈」「啓上」など

結語:「敬具」「敬白」「拝具」など

時候の挨拶:季節を表す言葉を用いた文章のことで、「〇〇の候」などの言葉

 

しかし、喪中はがきはもちろん、死亡通知や会葬礼状などの弔事に関わる手紙には前文は必要ありません。

つまり、前文を省略して「主文」から書き始めることになります。

句読点を入れない

喪中はがきには句読点を入れないのが一般的です。

弔事のみならず、結婚式の招待状や表彰状など、儀礼的な招待状や挨拶状には句読点を入れません。

先方のことを考え、句読点を入れたほうが読みやすいのでは?という心配をする必要はありません。

行頭の1字下げはしない

句読点を入れないのと同様に、行頭の1字下げも必要ありません。

喪中はがきも儀礼的な招待状や挨拶状の1つとしてみなされ、行頭の1字下げを行わないのが慣例となっています。

年賀欠礼についてのみ書く

喪中はがきには、年賀欠礼についてのみを書くようにしましょう。

先述したように喪中はがきにはルールがあり、下記のように書く項目が決まっています。

1.年賀欠礼についての挨拶をする

2.故人について書く

3.送り先の相手への感謝や健康を祈る言葉を書く

4.日付を書く

5.差出人について書く

 

3つ目の項目で、送り先の相手への感謝や健康を祈る言葉を書く際、合わせて近況報告を行いたい方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、近況報告は喪中はがきを出す上でマナー違反となります。

結婚や出産などの近況報告を行う必要がある場合は、喪中はがきとは別に手紙やはがきなどでお知らせを出すようにしましょう。

華美なデザインのものは避ける

喪中のお知らせなので、華美なデザインはできるだけ避けるのが一般的です。

具体的には、下記の点に注意しましょう。

●イラスト:色数を抑え、落ち着いた雰囲気のものを選ぶ

●文字色:「薄墨色」か「黒色」のいずれかにする

●文字フォント:弔事の場合は「楷書体」「明朝体」のいずれかが主流となる

 

ただし、最近ではモダンな雰囲気のデザインも増えてきています。

故人を思い出し、その人の雰囲気に近いデザインのものや感謝の気持ちが伝わるデザインを探してみるのもよいかもしれませんね。

はがきや切手は喪中はがき用のものを使う

郵便局で購入できる通常はがきは、切手部分が胡蝶蘭の柄になっているものが喪中はがき用として定番となっています。

市販の私製はがきを購入した際は、「弔事用63円普通切手花文様」を貼って投函しましょう。

あまり目に止まることのない切手ですが、喪中にふさわしいものを選ぶように配慮する必要があります。

文字の色は薄墨か黒

文字の色は、「薄墨」「黒」のどちらかで書くのが一般的です。

どちらの方がより喪中はがきにふさわしいということはないので、好みで選んで問題ありません。

薄墨で書いた場合は控えめで落ち着いた印象に、黒で書いた場合ははっきりとしていて存在感のある印象に仕上がります。

ただし、薄墨だと郵便番号などが郵便局の機械でうまく読み取れない場合があるので、宛名面には必ず黒を使うようにしましょう。

喪中はがきの文例

ボールペン

ここからは、喪中ははがきの文例を紹介します。

もう一度確認ですが、下記の項目に従って書いてあることを意識して読み進めましょう。

1.年賀欠礼についての挨拶をする

2.故人について書く

3.送り先の相手への感謝や健康を祈る言葉を書く

4.日付を書く

5.差出人について書く

 

文例1

●【年賀欠礼の挨拶】:喪中につき年末年始のご挨拶を謹んでご遠慮申し上げます

●【故人について】:本年七月に父〇〇〇〇が八十三歳にて永眠いたしました

●【送り先の相手への感謝】:生前賜りましたご厚情に深く感謝申し上げますとともに明年も変わらぬご厚誼を賜りますよう謹んでお願い申し上げます

●【日付】:令和〇〇年十二月

●【差出人】:差出人の名前、住所、連絡先

 

文例2

●【年賀欠礼の挨拶】:喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます

●【故人について】:去る五月二十三日に母〇〇〇〇が享年九十五にて永眠いたしました

●【送り先の相手への感謝】:これまで賜りましたご厚情に故人になり代わりまして厚く御礼申し上げます 寒さに向かう折からご自愛のほどお祈り申し上げます

●【日付】:令和〇〇年十二月

●【差出人】:差出人の名前、住所、連絡先

 

喪中はがきを出す親族の範囲

親戚の範囲_イメージ画像

喪中はがきを出すのは、一般的に2親等までの親族がなくなった場合となります。

親等の数え方は、親子の関係を1親等と数えます。

そこから関係が離れると2親等、3親等と数が増えていきます。

具体的には下記のようになります。

1親等:父母、義父母、子ども

2親等:兄弟姉妹、祖父母、義祖父母、孫

 

喪中はがきを出す時期

カレンダー_イメージ画像

喪中はがきを出す時期は、11月中旬から遅くとも12月初旬までには届くように出すのがマナーです。

これは、先方が年賀状の準備をする前に喪中はがきを届けるようにするためです。

この時期は何かと忙しく、喪中はがきを作成する時間を確保するのが難しくなります。

マナーを守って出すためには、早めの準備を心がけましょう。

喪中はがきは誰に出す?

郵便ポスト

喪中はがきは、毎年年賀状を交換している方に出すのが基本です。

親戚の場合は、喪中であることを知っていることが多く重ねてのお知らせになるので出さなくても問題ありません。

仕事の関係者の場合は、プライベートなお付き合いがある方に対してのみ出せばよいでしょう。

喪中はがきだからといって特別扱いする必要はなく、年賀状のやり取りがあるかを基準にして考えれば出す相手が決まります。

簡単に喪中はがきを印刷したいならフタバで

ここまで喪中はがきの書き方について紹介してきましたが、実際に自分で喪中はがきを書くとなると時間と手間がかかってしましますよね。

ソフトなどを使って自宅で印刷をするにしても、印刷ミスプリンターの不具合などのトラブルが起こってしまう可能性があります。

フタバの喪中はがきの印刷サービスなら、喪中はがきのデザインと文章のテンプレートの種類を選ぶだけで、スマホから5分で簡単に喪中はがきを印刷することができますよ。

書き方やマナーに悩まずに喪中はがきを印刷して投函することができるので、お忙しい方や初めての方でも安心です。

ご自宅にお届けする送料や宛名印刷の料金は無料でご利用いただけます。

さらに、『年賀状はフタバ』のサイトから直接お申込みいただくことで、最大で50%割引の料金でご利用いただけるため、お得に喪中はがきを印刷することができます。

喪中はがきを出すご予定のある方はぜひご利用ください。

 

=

まとめ

喪中はがきの書き方はある程度ルールが決まっているので、それに沿って書けばマナー違反になることはありません。

投函する時期などにも注意しておくと、より安心して喪中のお知らせをすることができますよ。