喪中はがきには故人の年齢を記載するのが一般的ですが、その書き方などに明確なルールはありません。

いくつかの書き方があるため、どの書き方で喪中はがきの年齢を書いたらいいのか迷ってしまいますよね。

今回は喪中はがきに記載する故人の年齢について紹介します。

喪中はがきによく使われる享年について

喪中はがき_トップ_イメージ画像

享年とは?

享年とは、故人が亡くなった時の年齢を意味します。

つまり、その人が生きていた年数を表すものであり、俗に言う「数え年」を指します。

本来、「享」という文字には「天からこの世に命を享ける(うける)」という意味があります。

また、享年によく似た「行年」という言葉も、喪中はがきで見かけるケースがあります。

行年は、俗に言う「満年齢」を指します。

したがって、喪中はがきには「享年〇〇歳」もしくは「行年〇〇歳」と書くのがルールですが、享年の方がより馴染みがあるため使いやすいと言えるでしょう。

喪中はがきに享年は必ず必要?

喪中はがきに「享年」は必ずしも必要ということではありません。

享年をつけなくてもまったく問題はなく、マナー違反にあたるといったこともないのでご安心ください。

喪中はがきに「享年」をつけた場合とそうでない場合の文例は以下の通りです。

享年を付けた場合とつけなかった場合の文例
享年をつけた場合本年5月に、祖父〇〇〇〇が享年九十五歳にて永眠いたしました
享年をつけなかった場合本年5月に、祖父〇〇〇〇が九十四歳にて永眠いたしました

喪中はがきに使われる故人の年齢について

年齢の数え方_イメージ画像

喪中はがきに使われる故人の年齢については、いくつかの言葉があり意味も異なります。

よく使われるのが「満年齢」「数え年」「実年齢」の3つです。

ここからは、それぞれの意味や違いを解説しますので、しっかりと理解した上で正しく使うようにしましょう。

満年齢

満年齢とは、0歳をスタートとし、誕生日を迎えるごとに「1歳」を加える数え方のことです。

現在では、この満年齢がもっとも広く使われている年齢の数え方です。

満年齢が広まった要因としては、年齢の数え方は法律で「満年齢」を使うように義務付けられているためで、公的なシーンにおいては満年齢が使われるようになりました。

「今何歳?」と尋ねられた場合、とっさに出てくる年齢が満年齢だと考えて問題ないでしょう。

数え年

数え年とは、生まれた年を1歳とし、それ以降は新しい年を迎えるごとに「1歳」を加える数え方です。

つまり、数え年には誕生日が一切関係なく、元旦を機に1つ年齢が上がるということになります。

したがって、数え年は満年齢に比べていつも年齢が1つ上になる数え方ということになります。

数え年は、公的なシーンで使われることはなく、現在では「七五三」などの伝統的な行事や「厄除け祈願」といった神事、喪中はがきの享年の表示などのシーンでの利用に限られます。

実年齢

もう1つの数え方に「実年齢」がありますが、これは基本的に満年齢と同じ考え方です。

ここまで紹介した「満年齢」「数え年」「実年齢」の3つのポイントは以下の通りです。

年齢の数え方
満年齢 実年齢生まれた年の年齢は0歳、年齢が1つ増えるタイミングは誕生日
数え年生まれた年の年齢は1歳、年齢が1つ増えるタイミングは元旦

喪中はがきの年齢の書き方

喪中はがきの書き方_イメージ画像

数え年と満年齢のどちらで書くべき?

喪中はがきには、数え年と満年齢のどちらで書いても問題はなく、両方使う人もいます。

若い人にとっては「満年齢」の方に馴染みがあるのは間違いありません。

数え年で書く場合は「享年〇〇歳で永眠しました」と書き、故人が亡くなった時の満年齢に1歳プラスすることを忘れないようにしましょう。

満年齢で書く場合は「〇〇歳で永眠しました」と書き、いつもと同じ年の数え方で年齢を記載します。

また、満年齢で書く場合は「行年〇〇歳で永眠しました」とすることもできますが、行年はあまり世間に広く知られていないため、避けた方が無難といえます。

喪中はがきをお得に印刷するならフタバ

フタバの喪中はがきの印刷サービスなら、送料は無料でご利用いただけるためお得に喪中はがきを印刷することができます。

喪中はがきのデザインと挨拶文のテンプレートの種類を選ぶだけでご注文していただけるため、スマホから5分で簡単に喪中はがきの注文ができます。

さらに、『年賀状はフタバ』の公式サイトから直接お申込みいただくことで、最大で50%割引の料金で喪中はがきを印刷することができるため、大変お得です。

最短で翌日発送させていただけますので、お急ぎの方でも安心です。

 

=

まとめ

喪中はがきに記載する故人の年齢は、数え年か実年齢のどちらかで書きます。

よく使われる享年は数え年と同じですので、実年齢と間違えないように気を付けましょう。

関連記事