喪中になった場合には、年賀状のやり取りがある方に喪中はがきを出さなければいけません。

ですが、喪中はがきをどこで買えばいいのかよくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は喪中はがきをどこで買えばいいのかについてご紹介させていただきます。

フタバの喪中はがき印刷サービスを利用すれば、デザインと挨拶文のテンプレートを選ぶだけで喪中はがきを印刷することができます。

喪中はがきを買う必要がなく、スマホから5分で簡単に印刷を申し込むことができます。

さらに、『年賀状はフタバ』の直販サイトから直接お申込みいただくことで最大50%割引の料金で喪中はがきを印刷することができるので、大変お得です。

喪中はがきはどこで買える?

喪中はがきは郵便局、コンビニエンスストア、大型ショッピングモール、通販サイトで購入することができます。

しかし、購入できる時期は限られているので、購入を予定している場合は早めに買いに行きましょう。

郵便局

郵便局で喪中はがきを購入する場合、その年の秋ごろから購入することができます。

切手部分がユリ、胡蝶蘭、山桜など、ハガキの種類が豊富なのが特徴です。

また、年賀状を買ったあとに急遽不幸があった場合などには、年賀状の販売期間中であれば無料で交換してもらえます。

通常はがきの胡蝶蘭の柄のものを購入する

通常はがきには、切手部分の柄違いのものがたくさん販売されていますが、喪中はがきにする場合は胡蝶蘭柄のものを選ぶのが一般的です。

胡蝶蘭柄が喪中はがき専用というわけではありませんが、緑(普通用紙)や青(インクジェット紙)の落ち着いた絵柄なので、喪中はがきとして好まれて使われています。

コンビニエンスストア

コンビニエンスストアでも11月以降になると、喪中はがきを販売しています。

喪中はがきの在庫は少なく、取り扱っていない店舗もありますので、いつも行く店舗で購入したい場合には、取扱いがあるか確認してみましょう。

大型ショッピングモール

喪中はがきの印刷を請け負っているショッピングモールでも購入することができます。

時期になると特設コーナーが設置されたり、文具コーナーなどに売り場が設けられたりしますので、チェックしてみてください。

通常はがきの取り扱いがない場合でも、私製はがきを購入することができます。

通販サイト

通販サイトでも喪中はがきを購入することができます。

普通はがきや私製はがきは、すでに裏面の文字が印刷されている物など、いろいろな喪中はがきが販売されているのが特徴です。

喪中はがきには「令和××年」といった年号の表記はないのですが、普通はがきの切手料金が変更された年には、購入時に気を付けなければならないことがあります。

それは前年度以前に発行された喪中はがきを販売しているケースです。

変更前の料金が表示された普通はがきは料金の足りない分の切手を貼らなくてはなりません。

ただの手紙であればそれもいいのですが、喪中はがきの場合は切手を付け足すと、以前から準備していたように見られてしまいます。

商品紹介をよく読んでから購入するようにしましょう。

喪中はがきの印刷について

喪中はがきの絵柄面は、特に絵柄などが印刷されていないので、手書きのイラストや文字などを書かない限り、自分で選んだイラストを印刷する必要があります。

喪中はがきの絵柄面を印刷する方法は大きく分けて3種類ほどあります。

自宅で印刷

最も手軽なのは、インターネットで公開されている無料のテンプレートを利用する事です。

自宅で印刷する場合にはハガキ印刷のできるプリンターが必要になります。

また、年賀状素材を集めた本の中に、喪中はがきの素材が入っていることもありますので、気に入ったものが見つかればそちらを利用してみるのもよいでしょう。

印刷サービスを利用して印刷

印刷サービスを利用すると、印刷料金がかかりますが、希望のデザインを印刷することができます。

依頼先によっては自作のデザインを印刷できるサービスや、宛名面の印刷をしてくれるサービスなどもあります。

郵便局の総合印刷サービスで印刷

郵便局でも一般の印刷サービス同様、絵柄や文言などを選んで、住所・氏名を指定して注文すれば印刷してくれるサービスがあります。

絵柄や文言は郵便局に置いてあるカタログから選んだり、郵便局のウェブサイト上で選ぶ、又は自作のものを印刷依頼することができますが、年末まででサービスを締め切ってしまうので、注文の時期には注意しましょう。

喪中はがきの値段

喪中はがきは通常はがきと私製はがきで、トータルでかかる料金が異なります。

通常はがき

通常はがきの値段は、消費税10%を含んだ1枚63円です。

送る際に別途料金がかかることはありませんので、最もリーズナブルだと言えます。

私製はがき

私製はがきになると、はがきを印刷する代金のほかに、切手代63円がかかります。

通常はがきに比べると少々割高だと言えるでしょう。

お得に喪中はがきを印刷するならフタバ

喪中はがきを出さなければならない場合、喪中はがきを調達しに行かなければなりませんよね。

フタバの喪中はがき印刷サービスなら、スマホから5分で簡単に申し込むことができるので、喪中はがきを買いに行く必要がありません。

送料と宛名印刷は無料でご利用いただけます。

さらに、『年賀状はフタバ』のサイトから直接申し込み頂くことで、最大で50%割引の料金で喪中はがきを印刷することができるので、大変お得です。

 

=

まとめ

喪中はがきは、郵便局のほかにもコンビニや大型ショッピングモールなどで購入することができます。

喪中はがきを印刷する方法には、自宅で印刷するほかに印刷サービスに依頼する方法があります。

印刷サービスをご利用の際はぜひフタバをご利用ください。