本記事は2部構成になっています。

前半では年賀状を夫婦の連名で出す場合や家族宛に出す場合について、後半では企業宛の連名の宛名について紹介します。

前半と後半で内容が大きく変わりますのでご注意ください。

年賀状を夫婦名義で送る場合や、夫婦宛に出す場合に名前を連名で書く場合は、ポイントを押さえて書くことで、相手に失礼のないように年賀状を書くことができますよ。

企業宛に年賀状を送る際は、宛先を連名にするのは避けるようにしましょう。

年賀状を連名で書く場合は、書き方やマナーについて気を付けるのに加え、文字のバランスを整えたり、1文字目の頭を揃えたりしなければならないため、中々に大変です。

ソフトの住所録を使って自宅で印刷する場合も、印刷の文字がにじんでしまって読みにくくなってしまうことも……。

フタバの年賀状印刷サービスなら、、連名の宛名でもにじまずきれいに印刷できますよ。

宛名印刷は無料でご利用することができますよ。スマホやパソコンから5分でかんたんに申し込むことができます。

さらに、「年賀状はフタバ」のサイトから直接お申込みいただくことで、最大50%割引の料金で年賀状を印刷することができます。

年賀状を夫婦連名で出す場合

相手と配偶者が面識がある場合

家族ぐるみで付き合いがある場合や、配偶者を紹介したことがあるなど、年賀状を送る相手と配偶者の間に面識がある場合は、一般的に夫婦連名で出します。

特に目上の方に年賀状を出す場合は、夫婦連名で出したほうが、相手に礼儀正しい印象を持たれやすいと言えます。

家族ぐるみのお付き合いするかもしれない場合

送る相手と配偶者の間に面識がないのであれば個人名で出してもかまいません。

ですが、今後夫婦共々お付き合いするかもしれない場合は、夫婦連名で出しておくようにしましょう。

年賀状で配偶者の名前を先に知らせておけば、実際に会って紹介したときに相手もわかりやすいというメリットがあります。

親戚に出す場合

遠方にいる親戚とは、結婚してもあまり面識がない場合も多いですが、冠婚葬祭などで顔を合わせる機会がある可能性を考えると、親戚ならば夫婦連名で出しておくのが無難です。

年賀状を夫婦連名で出すときの書き方

世帯主をフルネーム、左隣に配偶者の名前のみを書く

夫婦連名で年賀状を出す場合は、世帯主のみフルネームを書きます。

その後、その左隣(横書きの場合は下段)に配偶者の名前のみを書きます。

年賀状を送る相手が配偶者側の親戚や友人の場合でも、一般的には世帯主の名前をフルネームにします。

夫婦連名で出さなくてもいい場合

配偶者と友人・知人にほぼ面識がない場合

配偶者と友人や知人に面識がない場合は、年賀状は個人名で出しても構いません。

会社の上司や同僚・取引先など

会社関係の方に年賀状を送る場合も個人名のみで出します。

あくまでもプライベートとは分けた年賀状ですので、配偶者の名前を書く必要はありません。

年賀状を夫婦宛に出すときの書き方

名字は世帯主に合わせる

差出人に連名で書くときと同じように、名字は世帯主の方にだけ記載し、配偶者の方は名前のみ書きます。

片方にだけ名字を付けるのは配偶者の方に失礼に当たるからといって、夫婦の名前の中央に名字を書くのはかえってマナー違反にあたるので、注意しましょう。

敬称はそれぞれに付ける

夫婦宛に年賀状を出す場合、配偶者の名字は省略しますが、「様」などの敬称は省略せずにそれぞれにきちんとつけましょう。

夫婦の名前の間に敬称をまとめて書くのは失礼に当たるので注意が必要です。

名前は1文字目の高さに合わせる

夫婦で名前の字数が違う場合は、最初に世帯主の名前を書いて、その1文字目の高さと同じ高さから配偶者の名前を書きます。

配偶者の名前の方が字数が多い場合は、バランスを取るために中間に来るように名前を配置してしまいがちですが、かえってアンバランスになりますので避けましょう。

添え書きで対応してもOK

SNSなどを通じて友人や知人が結婚したことは知っているけれども、配偶者の名前がわからない場合もあるかと思います。

その場合は通信面に

「旦那様or奥様にもよろしくお伝えください」
「ご夫婦でぜひ一度遊びにきてくださいね」

 

などのように添え書きで触れるのがよいでしょう。

人数は多い場合は省略してもOK

夫婦の他に、お子さんの名前も書く場合があります。ですが、お子さんの認数が多い場合は、連名にすると読みにくくなってしまいます。

その場合は

「双葉 御家族一同様」
「双葉 太郎 御家族様」

 

のように書きましょう。

世帯主の名前を代表で書き、他の方の名前を省略して書いた場合でも、特に失礼には当たりません。

子供の場合は「くん」や「ちゃん」でも問題ない

ほとんどの場合、敬称は「様」を使いますが、相手のお子さんには「くん」や「ちゃん」を使っても特に問題はありません。

ですが、お子さんが小学校高学年くらいまで成長した際には「くん」や「ちゃん」から「様」に切り替えるのがよいでしょう。

ここまでが、前半部分の年賀状を夫婦の連名で出す場合や家族宛に出す場合についての説明です。

会社宛の年賀状の場合は連名を避ける

この章から、記事の後半部分である企業宛の連名の宛名について紹介します。

前半部分からは大きく内容が変わりますので、ご注意くださいね。

複数人宛てに年賀状を送りたい場合

会社や取引先などに、複数人宛てに年賀状を送りたい場合でも、できるだけ個人のそれぞれに分けて送るのが無難です。

年賀状は基本的に個人で保管しますが、連名にしてしまうと会社名義での保管になる場合があります。ですので、お世話になった人に年賀状を送る場合は個別で送る方が良いでしょう。

記載するべき項目

会社や取引先の方に個人宛てで年賀状を送る場合には、宛名を書くときは会社名・部署・肩書き・名前の順番で「〇〇株式会社 営業部 部長 ○○様」のように書きます。

「社長○○様」という表現は正しい表現ですが、「○○社長様」という表現は間違いですので気をつけましょう。役職名は、それ自体が敬称になります。

会社名を書く場合は、㈱のように略字を使ってはいけません。

また、取引先の部署単位でお世話になっている場合などは、部署全体に宛てて年賀状を出すのも良いでしょう。

部署宛てに年賀状を出す場合は、宛名を「〇〇部御中」と書くようにするのを忘れないようにしましょう。

宛名をきれいに印刷したいならフタバで

ここまで、年賀状を連名で出す場合について紹介してきましたが、連名の宛名を上記で紹介した書き方に添って何枚も書くのは、中々に大変な作業です。

住所録ソフトを利用して自宅のプリンターで印刷をした場合でも、印刷ミスが起きてしまったり、宛名の文字が滲んでしまったりすることがあります。

年賀はがきには普通紙に加え、滲みにくいように加工がされたインクジェット紙などの種類がありますが、実は滲みにくい加工がされているのはデザイン面だけなんです。

宛名面はどの種類の年賀はがきを使っても同じ材質ですので、滲みにくいインクジェット紙などでも、宛名を印刷する場合は滲んでしまう可能性があります。

フタバの年賀状印刷サービスなら、プロの技術で宛名を印刷するので、滲まずにきれいな宛名を印刷することができますよ。

しかも、宛名印刷の料金は無料でご利用いただけます。

さらに、「年賀状はフタバ」のサイトから直接お申込みいただくことで、最大50%割引の料金で年賀状を印刷できるキャンペーンを開催中です。

印刷した年賀状をご自宅にお届けする送料も無料ですので、お得に年賀状を印刷することができますよ。

お申込みも、スマホやネットから5分でかんたんに完了できるので、初めての方でも安心です。

年賀状印刷はフタバ

まとめ

年賀状を連名で出す場合は、夫婦宛に出す場合と、夫婦で出す場合で書き方や注意点が異なりますので、注意する必要があります。

企業宛に年賀状を送る場合は、連名で送るのは避け、できるだけ個人それぞれに送るようにしましょう。