年賀状を送る相手の中には、久しく会っていないご無沙汰している方や、年賀状を久しぶりに出すという方もいらっしゃいますよね。

ご無沙汰の方に向けてどのような一言を書けばいいのか迷ってしまうことはありませんか?

今回は、ご無沙汰の方に対して年賀状を送る際の一言について紹介します。

会いたくてもなかなか会えない……という方には、せめて年賀状ではしっかりと気持ちを伝えたいものですよね。

フタバの年賀状サービスなら、久しく会っていない方にもしっかりと気持ちが伝わるような、メッセージがより引き立つオリジナルデザインの年賀状を印刷することができます。

ご無沙汰の方に年賀状を出して気持ちを伝えたい!という方は、フタバの年賀状で気持ちを込めた一言を添えて年賀状を送りましょう。

もちろん、友人の方からビジネス関係の方にまで、どなたに送るのにも相応しいデザインを取り揃えているので、安心です。

さらに、最大で50%割引の料金で年賀状を印刷できるキャンペーンを開催しているので、お得に年賀状を印刷できますよ。

ご無沙汰の人への年賀状の一言を書くポイント

その人の記念をお祝いする一言を添える

遠くに住んでいる方の場合や、仕事や育児に忙しかったりすると、お誘いをしても時間の都合などが合わないことも多いものです。

会おう、会おうと言っていても結局は会えずじまいになってしまうということもめずらしくないでしょう。

そんな場合には、相手の記念日をお祝いする一言を添えてみてはいかがでしょうか。
結婚して節目であったり、30歳や40歳など年齢的に区切りが良い年だったりすれば、そのことをお祝いしてみるのも、新年の一言メッセージにふさわしいものですよ。

お子さんの入学、就職などのおめでたい節目について触れるのも良いでしょう。

送った相手も「ありがとう」という返事をしやすいので、それをきっかけに交流を深めやすくなるかもしれませんね。

上手に書くことよりも気持ちを込めて書くことを意識する

年賀状の一言に何を書いたらいいのか悩んでしまう原因として、上手に書こうとして思い悩んでしまうという場合があります。

久しぶりの方に送るメッセージですから、自分が大人になった部分や成長した部分を文章で示したいという気持ちがあるのかもしれません。

ですが、上手に書こうとするよりも、また会いたいという気持ちや最近はどうしているのかを知りたいという気持ちを込めた一言を文章にするほうが、印象に残るよい一言メッセージになりますよ。

傷つけてしまうようなことは書かない

相手の近況がわからないと、今は何をしてどうしているのか、あれもこれも気になってしまうものですよね。

だからといって、最後に会ったり連絡を取ったりしたときの相手の状況があまり良くなかった場合は、そのことについて触れないようにするのが賢明といえます。

プライベートなことに踏み込み過ぎるのも、相手を傷つけてしまう可能性があります。

たとえば、昇給や就職活動のほか、結婚や妊娠などについての内容は、相手が置かれている状況によっては辛い気持ちにさせてしまう可能性があるので、十分気を付けるようにしましょう。

ネガティブな内容は書かない

自分の近況についてネガティブなことを書かないことも大切です。

「不況の波をうけてリストラされてしまい…」などのように、どのような返事を書けばいいのか戸惑ってしまうような内容のメッセージは避けましょう。

年賀状は、新しい年を迎えるおめでたいはがきです。近況があまりよい状況とは言えない場合でも、相手の気持ちが沈んでしまうような内容は書くべきではありません。

ご無沙汰の人に年賀状を送る場合の文例

友人

手書きだからといって身構える必要はありません。普段のようにメールを打つ感覚で書くとよいです。
年賀状らしく新年の幸せを願う言葉や、自分の今年の抱負や意気込みを書いて伝えるのもよいでしょう。

文例1

久しぶりその後はお元気ですか?

〇〇ちゃんは大きくなったかな

笑顔いっぱいの毎日を過ごせますように願っています

 

文例2

ご無沙汰していますその後変わりなく過ごしていますか?

今年こそ再会できるといいですね

お互いの健康と幸せを願って

 

親戚

自分の親戚のほか結婚相手の親戚など、親戚といえども自分との距離感で書く内容は違ってくるものですよね。

そのため、親戚に一言を書く場合には、自分との関係が遠ければ遠いほど丁寧な文章で出すようにしましょう。

文例1

ご無沙汰しております

そちらはお変わりありませんか

近くにお越しの際はぜひお知らせくださいね

 

文例2

ご無沙汰していますいつも○○(子供)によくしていただき、ありがとうございます

今年からいよいよ中学生です

引き続き 温かく見守ってやってください

今年もよろしくお願いします

 

文例3

久しくご無沙汰しております母から伯父様方の近況を聞き

昔のことを思い出して懐かしくなりました

近いうちに一度 家族揃ってお伺いしたいと思っています

 

文例4

ご家族の皆様お障りもなく よき年をお迎えのここと存じます

結婚以来何かとお気にかけていただき 感謝しております

どうか日頃のご無沙汰をお許しください

本年も変わらずよろしくお願い申し上げます

 

目上の人

文例1

お健やかに新年をお迎えのことと存じます私どもも、元気に過ごしております

寒さが厳しい季節ですので お身体にお気を付けください

 

文例2

ご無沙汰していますお元気でいらっしゃいますか

早いもので次男が今年から中学生になります

ご家族の皆様のご多幸とご活躍を心からお祈り申し上げます

 

ビジネス関係

送る相手や状況にも左右されるかと思いますが、ビジネス関係の方への年賀状の場合は、まずは失礼にあたらない言葉や文章を選ぶように気を付けましょう。

文例1

よき年をお迎えのことと存じます

在職中は大変お世話になり ありがとうございました

今後ともよろしくお願い申し上げます

 

文例2

ご無沙汰を致しましてお詫び申し上げます

昨年秋に転職し新しい職場にもようやく慣れてまいりました

またお会いできる日を楽しみにしております

 

文例3

お障りもなくよき年を迎えられたことと存じます

日頃のご無沙汰をどうかお許しください

折にふれ先輩のご活躍を耳にしては

陰ながら喜んでおります

 

文例4

在職中は色々と大変お世話になりました

深く感謝申し上げます

今年の〇月に転勤し慌ただしい日々を過ごしております

皆様のご健康とご活躍を心よりお祈り申し上げます

 
 
文例のように、相手のことを気遣う言葉とご無沙汰していて申し訳ない気持ちなどを盛り込むことで、相応しい添え書きを書くことができます。

相手の方がご高齢である場合は、体調などを気遣う一言を書くのも良いでしょう。

「厳しい寒さが続いておりますが、体調など崩されぬようご留意ください。」

こういった一言があるだけで、良い印象をもってもらうことができますよ。

一言を書く時の注意点

句読点は使わないようにする

お祝い事や喜ばしいことは長く続いて欲しいものですよね。

そのことから、年賀状のような、新年を祝うおめでたいものの文章に句読点をつけてしまうと、「よいことに区切りをつける」という意味になってしまい、縁起が悪いと言われることがあります。

日本では験担ぎのような習慣が色濃く残っているので、特に目上の人に向けた年賀状に句読点を使うことは避けた方が良いといえます

忌み言葉に気を付ける

忌み言葉とは、ネガティブなイメージやマイナスのイメージを連想させるような言葉です。

具体的には、「去る」「別れる」「離れる」「痛い」「死ぬ」「苦しむ」といった意味を持つ漢字です。

気を付けないとうっかり使ってしまうこともあるので注意しましょう。

特に「去」はよく、「去年は大変お世話になりました」などのように使ってしまいがちですが、忌み詞を含んでいるので避けましょう。

そのような場合には「昨年」や「旧年中」と言った言葉に言い換えることができます。

他の言葉を使う場合でも、忌み言葉ではないか、言い換えられる言葉はないかについて調べるようにしましょう。

二重賀詞にならないようにする

新年を祝う賀詞は、基本的に年賀状1枚につき1回のみ使います。

賀詞といっても種類はいろいろありますが、よく見かける間違いとしては、「新年あけましておめでとう」があります。

この場合は「新年」と「あけましておめでとう」がそれぞれ独立している賀詞なので、重複した状態になってしまいますので注意が必要です。

また、「賀正」や「迎春」といった賀詞の後に「あけましておめでとう」と書いてしまうのも賀詞の重複になってしまいます。

鉛筆やボールペン以外で書く

鉛筆でメッセージを書いた年賀状は相手に「手を抜いている・軽く思っている」というマイナスな印象を与えてしまうことがあります。

そのため、年賀状の一言は鉛筆で書かかない方が無難です。

そのほかにも、鉛筆で書いた場合簡単に消せてしまうため、正式な文章は鉛筆で書かないものであるという考えもあるでしょう。

また、ボールペンで年賀状の一言を書くことも一般的にはあまり良くないとされています。

もともと年賀状は毛筆で書かれていたため、ボールペンで書いた文字は細すぎて新年のお祝いにはあまり相応しくないという考えがあるようです。

そのため、できるだけ太めのペンや筆ペンなどを使って一言を書くのが良いでしょう。

年賀状の印刷ならフタバ

ご無沙汰している方に年賀状を出すなら、しっかりと気持ちのこもった年賀状を送りたいものですよね。

気持ちの伝わるような一言を書いても、デザインが素っ気なかった場合、せっかくの気持ちのこもった年賀状が寂しく感じられてしまうこともあります。

フタバの年賀状印刷サービスなら、温かみのあるオリジナルデザインを取り揃えているので、若い方からお年寄りの方にまで、誰にでも気持ちが伝わる年賀状を印刷することができますよ。

また、ビジネス用の年賀状のデザインや、箔押しのデザインも印刷することができるので、どんな相手に対しても送ることができます。

宛名印刷と印刷した年賀状をご自宅にお届けする送料は無料です。

さらに、「年賀状はフタバ」のサイトからお申込みいただくことで、最大で50%割引の料金で印刷できるキャンペーンを開催しています。お得に年賀状をプロの技で印刷することができますよ。

年賀状印刷はフタバ

まとめ

ご無沙汰している方に年賀状を送る場合は、気持ちのこもった一言を添えて、相手に喜ばれるような年賀状を送りましょう。

年賀状に一言を書く際には、句読点や忌み言葉などの注意点についてしっかりと頭に入れておくようにしましょう。

すてきな年賀状をきっかけに、ご無沙汰の方とも交流が深まるとよいですね。