2人以上の身内の方が亡くなられた場合、喪中はがきをどのように書けばいいのか戸惑ってしまう方も多いのではないでしょうか。

2人以上の方が亡くなられた場合、「故人ごとにそれぞれ喪中はがきを用意する方法」と「1つの喪中はがきに2人の名前を記載する方法」のどちらかで対応する必要があります。

今回は身内の方が2人以上亡くなられた場合の喪中はがきについて紹介します。

身内の方が2人亡くなられた場合の喪中はがきはどうすれば良い?

年頭・年始の言葉を使った喪中はがき

稀なケースとして同年に2人の身内の方が亡くなり喪中はがきを出すことがあります。

喪中はがきは頻繁に出すものではありませんし、複数の方の喪中はがきを一度に出すとなると戸惑ってしまうこともあるでしょう。

身内の方が2人亡くなった場合の喪中はがきは、「故人ごとにそれぞれ喪中はがきを用意する方法」「1つの喪中はがきに2人の名前を記載する方法」の2つの方法で対応することができます。

故人ごとにそれぞれ喪中はがきを用意する

まず1つ目に、身内の方が2人亡くなった場合、故人ごとにそれぞれ喪中はがきを用意するという方法があります。

それぞれに喪中はがきを用意した場合であっても、特に決まったルールはなく、下記のようなケースでもある程度差出人の都合で決めることができます。

●夫側の親族と妻側の親族で亡くなった方が複数人いる場合:別々の喪中はがきを出し、それぞれ分けてお知らせする

●差出人を夫と妻で分けたい場合:それぞれの親族で亡くなった方のみを記載する。もしくは、双方の親族について記載するためいずれでも問題ない。

 

1つの喪中はがきに2人の名前を記載する

もう1つの方法は、1枚の喪中はがきに2人の名前を記載するというものです。

この場合は、差出人は夫婦連名で出します。

この方法なら、亡くなった方2名とも夫もしくは妻の親族の場合であっても使うことができます。

また、夫の親族、妻の親族の2名が亡くなった場合にも使うことができます。

どちらの方法の方が喪中はがきを出す上で優れている・劣っているということはありません。

ご自分の状況と照らし合わせて、負担の少ない方法を選択するようにしましょう。

1つの喪中はがきに2人分の名前を記載する場合の書き方

ここからは、1つの喪中はがきに2人分の故人の名前を記載する場合の書き方について具体的に紹介していきます。

ご自分の状況と照らし合わせながら読み進めると理解が深まるでしょう。

名前を書く順番

1つの喪中はがきに2人分の故人の名前を書く順番には特に決まりがありません。

しかし、故人の名前を書く順番は亡くなった順番に書くというのが基本です。

その他にも、下記のようにいくつかのパターンがあるので、ご自分でしっくりくるパターンを選ぶとよいでしょう。

・亡くなった順番が早い方から書くなど、亡くなった順番で書く

・年齢の高い・低い方から順番に書くなど、年齢の順番で書く

・近しい間柄の人から順番に書くなど、親等の順番で書く

・夫の親族、妻の親族の順番で書く

 

続柄の書き方

複数人の方が亡くなった場合、悩んでしまうのが続柄の書き方です。

続柄は、ご主人から見た続柄を書くのが一般的です。

この書き方に従えば、妻の父親が亡くなった場合は、「義父」と書くことになります。

ただし、「義父」という表現に違和感がある、故人との距離を感じるので避けたいなどの場合は、「妻〇〇の父〇〇〇〇」という書き方でも問題ありません。

このような書き方をした場合は、夫側もこれに倣って合わせる必要があります。

喪中はがきの内容

ここまでくれば、あとは喪中はがきの内容についての情報が集まればゴールが見えてきます。

結論から言うと、複数人の喪中はがきを出す場合でもその内容は普通の喪中はがきと変わりませんので、特別なことをする必要はありません。

下記の5つの項目を押さえておけば、マナーを守った適切な喪中はがきを書くことができます。

1.年賀欠礼についての挨拶をする:新年のご挨拶を行わないこと旨を伝える

2.故人について書く:いつ、誰が、何歳で亡くなったのかを伝える

3.送り先の相手への感謝や健康を祈る言葉を書く:先方への感謝の言葉・無事を祈る言葉・今後のお付き合いをお願いする言葉を組み合わせて伝える

4.日付を書く:喪中はがきを出す日付を年月まで書く

5.差出人について書く:差出人の名前・住所・連絡先を書く

1つの喪中はがきに2人分の名前を記載する場合の文例

喪中はがき 注意点

ここからは、1つの喪中はがきに2人分の名前を記載する場合の文例や、喪中はがきを書く際の注意点について紹介します。

注意点

喪中はがきを書く際の注意点には下記のようなものがあります。

・前文を省略する:頭語や結語、時候の挨拶を使わない

・忌み言葉を使わない:不幸が続くことを連想させる言葉を使わない

・句読点を入れない:儀礼的な挨拶状には句読点は入れない

・行頭の1字下げをしない:儀礼的な挨拶状には行頭の1字下げが必要ない

・年賀欠礼についてのみ書く:近況報告などは避ける

・華美なデザインは避ける:イラストや文字色などの華美なデザインは避けるのが無難

・喪中はがき用のはがきや切手を使う:通常はがきなら切手部分が胡蝶蘭の柄、私製はがきなら切手は「弔事用63円普通切手花文様」を使う

・文字の色に気をつける:「薄墨」「黒」のいずれかを使い、宛名は「黒」にする

 

一見すると注意点が多いと感じる方もいるかもしれませんが、喪中はがきをもらったことがある方であれば納得できるのではないでしょうか。

喪中はがきはマナーを守って書く・出すことが大切ですので、しっかりと注意事項を守って書くように気をつけましょう。

文例

では、1つの喪中はがきに2人分の名前を記載する場合の文例を紹介します。

・【年賀欠礼の挨拶】:喪中につき年末年始のご挨拶を謹んでご遠慮申し上げます

・【故人について】:本年七月に父〇〇 〇〇が七十三歳にて
九月に妻〇〇の祖父〇〇 〇〇が九十八歳にて永眠いたしました

・【送り先の相手への感謝】:生前賜りましたご厚情に深く感謝申し上げますとともに明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます

・【日付】:令和〇〇年十二月

・【差出人】:差出人の名前、住所、連絡先

3人以上の複数人の方が亡くなった場合の喪中はがきについて

ポスト

3人以上の複数人の方が亡くなった場合でも、先述した書き方と同じ書き方で問題ありません。

ただ、1枚の喪中はがきですべての故人について記載しようとした場合、作成の段取りの段階で文面や構成の都合で違和感があるかもしれません。

その場合は無理に1枚に収めるのではなく、故人それぞれに喪中はがきを用意することをおすすめします。

また、夫側と妻側の親類で分けて書く選択肢もあります。

ご自分が感じた違和感は先方にも伝わってしまうので、臨機応変に対応するよう心がけましょう。

フタバなら喪中はがきをお得に印刷できる

ここまで2人以上の方が亡くなった場合の喪中はがきについて紹介してきましたが、自分で喪中はがきを書いたり、レイアウトして印刷したりするのは手間や時間がかかってしまい中々大変ですよね。

書き間違い印刷ミスなどが積み重なってしまうと、はがき代やインク代などで余分にお金がかかってしまうことも……。

フタバの喪中はがきの印刷サービスなら、時間や手間をかけずにお得に喪中はがきを印刷することができますよ。

喪中はがきのデザインと文章のテンプレートの種類をそれぞれ選ぶだけで、スマホから5分で簡単に喪中はがきをご注文いただけるので、時間と手間いらずのサービスです。

宛名印刷やご自宅にお届けする送料は無料でご利用いただけます。

さらに、『年賀状はフタバ』のサイトから直接お申込みいただくことで、最大で50%割引の料金でお得に喪中はがきを印刷することができます。

複数人の故人の方の名前を入れて印刷することができるので、今回の記事で紹介したような喪中はがきも簡単かつお得に印刷することができますよ。

 

=

まとめ

2人以上の方が亡くなられた場合は、「故人ごとにそれぞれ喪中はがきを用意する方法」と「1つの喪中はがきに2人の名前を記載する方法」のどちらかで対応します。

1つの喪中はがきに2人の名前を記載する場合、基本的なルールは普通の喪中はがきと変わりませんが、亡くなった方の名前を書く順番や続柄について一度確認しておく必要があります。