喪中はがきを出さなければならない場合、印刷サービスに依頼すると高品質な喪中はがきを簡単に用意することができます。

その際、どの印刷サービスを利用して喪中はがきを印刷するのがお得なのか知っておきたいものですよね。

今回は喪中はがきを安く印刷できるサービスについてご紹介させていただきます。

今回ご紹介する9社の喪中はがきの30枚当たりの印刷費の税込み平均価格は4,637円でした。

フタバの喪中はがきの印刷サービスなら、平均価格よりも低い4,510円(税込み)の価格で喪中はがきを印刷することができます。

さらに、『年賀状はフタバ』のサイトから直接お申込みいただくことで最大で50%割引の料金で印刷することができるキャンペーンを開催中です。

宛名印刷や送料は無料でご利用できるので、さらにお得です。

喪中はがきの印刷サービスの選び方のポイントは?

喪中はがき印刷サービスを選ぶ際は、

宛名印刷

早期割引

・価格

・デザイン

の4つのポイントに注目しましょう。

宛名印刷

宛名印刷を業者に依頼する場合、別途でお金を支払わなければならない可能性があります。

宛名印刷に料金が発生するかは業者によって異なりますが、一般的に以下の3つのパターンに分かれるでしょう。

・宛名印刷が無料の業者

・1枚○○円のように、1枚単位で価格設定している業者

・基本料金○○円+1枚○○円のように、基本料金+1枚単位で価格設定している業者

 

また、宛名印刷は自筆で書いたり、自宅のプリンターで印刷することも出来ます。

しかし、自分で作業する場合、失敗が重なるとその分のはがき代やインク代が追加で掛かってしまいます。

確実に費用を抑えたいのであれば、宛名印刷が無料の業者に依頼するのが得策です。

早期割引

一般的に多くの業者が早期割引を設けているので、喪中はがき印刷の注文時期は早ければ早いほうがお得です。

喪中はがきの注文受付は9月頃から始まり12月頃までに終わります。

早期割引は受付終了に近づくに連れて割引額が下がる傾向があるので、受付開始のタイミングを狙って注文しましょう。

以上のことから喪中はがきを作る予定が決まっている人は、9月頃までに依頼する業者を選定し、すぐに注文出来るようにしておくのがおすすめです。

価格

喪中はがきの注文に掛かる料金の内訳は以下の通りです。

・プリント料金
・はがき代
・送料

仮にプリント料金を安く設定している業者でも、はがき代や送料で合計が高くなってしまう場合があります。

業者選びの際は上記の3つの項目すべてをチェックして、安く済ませられそうな業者を選ぶと良いでしょう。

デザイン

喪中はがきのデザインは年賀状ほどこだわる必要はありません。

また、写真が使われているものや複雑な絵柄を描写したものを希望しないのであれば、印刷の鮮明さを気にせずに済みます。

最近ではシンプルなカラー印刷のデザインがトレンドになっているので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの喪中はがき印刷サービス

おすすめの喪中はがき印刷サービスを9社ピックアップしました。

それぞれ以下の4つのポイントに加え、簡単に特徴を紹介していきます。

※利用料金の内訳は印刷料金+はがき代+送料+消費税です。

・利用料金(宛名印刷無し)
・宛名印刷料金
・送料
・最短納期

おたより本舗

おたより本舗は豊富なデザインを取り揃えています。

全388種類もの中から気に入ったデザインを選べるので、他の人と被る心配がありません。

また、9月30日までの注文で50%OFFになる早期割引も設けています。

利用料金(宛名印刷無し)宛名印刷料金送料最短納期
30枚 4,834円(税込み)無料無料翌日発送

※2021年2月25日現在の料金

ネットスクウェア

ネットスクウェアは価格の安さに特化した喪中はがき印刷サービスです。

おたより本舗ほどデザインの種類は取り揃えていませんが、124種類の中から選べるので問題ないでしょう。

また、9月22日までの注文で65%OFFになる早期割引も設けています。

利用料金(宛名印刷無し)宛名印刷料金送料最短納期
30枚 4,004円(税込み)1枚10円無料無料

※2021年2月25日現在の料金

Rakpo

Rakpo(ラクポ)は薄墨デザインを豊富に取り揃えている喪中はがき印刷サービスです。

利用料金は比較的安いですが、宛名印刷は1枚25円と割高なので宛名印刷を依頼する人にはおすすめ出来ません。

また、9月30日までの注文で50%OFFになる早期割引を設けています。

利用料金(宛名印刷無し)宛名印刷料金送料最短納期
30枚 4,565円(税込み)1枚25円無料翌日発送

※2021年2月25日現在の料金

挨拶状ドットコム

挨拶状ドットコムは、完全オリジナルデザインを155種類も取り揃えた喪中はがき印刷サービスです。

花や風景が霞がかったような優美で柔らかなデザインの「はながすみ」や現代風にアレンジしたモダンな喪中はがき「スタイリッシュ」などのオリジナルデザインは、唯一無二のものです。

また、10月25日までの注文で40%OFFになる早期割引を設けています。

利用料金(宛名印刷無し)宛名印刷料金送料最短納期
30枚 5,460円(税込み)1枚10円無料翌営業日発送

※2021年2月25日現在の料金

Digipri(デジプリ)

Digipri(デジプリ)は利用料金の安さに定評のある喪中はがき印刷サービスです。

デザインはシンプルなものが多く、特にこだわりの無い人にであれば費用を抑えられるのでおすすめです。

また、注文期間に応じて割引率が変動する早期割引を設けています。

利用料金(宛名印刷無し)宛名印刷料金送料最短納期
30枚 3,030円(税込み)1枚31円(別途基本料金1,100円が掛かる)594円(宅配便)最短翌々日後発送

※2021年2月25日現在の料金

しまうまプリント

しまうまプリントは現代的なモダンデザインが特徴的な喪中はがき印刷サービスです。

利用料金も比較的安く、宛名印刷料金や送料が掛かりません。

また、注文期間に応じて割引率が変動する早期割引を設けています。

利用料金(宛名印刷無し)宛名印刷料金送料最短納期
30枚 5,247 円(税込み)無料無料(ゆうパック)郵便局による

※2021年2月25日現在の料金

平安堂

平安堂は比較的割高ですが、料金に見合ったクオリティの喪中はがきを作成出来ます。

落ち着いたデザインが多く、中でも高級和紙を使った喪中はがきが特徴的です。

また、ネット注文で40%OFFになる割引を設けています。

利用料金(宛名印刷無し)宛名印刷料金送料最短納期
30枚 5,909 円(税込み)1枚33円(別途基本料金1,100円が掛かる)550円(全国一律)3営業日

※2021年2月25日現在の料金

Cardbox

Cardboxは、カラフルなデザインから落ち着いたものまで取り揃えている喪中はがき印刷サービスです。

中でも和紙を使った「プレミアム喪中」のクオリティの高さが人気を誇ります。

また、10月31日までの注文で52%OFFになる早期割引を設けています。

利用料金(宛名印刷無し)宛名印刷料金送料最短納期
30枚 4,024 円(税込み)無料520円(会員登録すれば無料)2営業日

※2021年2月25日現在の料金

ふみいろ喪中はがき

ふみいろ喪中はがきは入力ミスで間違った喪中はがきを印刷した場合、無料で交換してくれるサービスを行っています。

大量に喪中はがきを作成する人など、入力ミスに不安のある人におすすめの喪中はがき印刷サービスです。

また、注文期間に応じて割引率が変動する早期割引を設けています。

利用料金(宛名印刷無し)宛名印刷料金送料最短納期
30枚 4,664 円(税込み)無料無料(ヤマト運輸ネコポス)夕方4時までの注文で翌営業日発送

※2021年2月25日現在の料金

喪中はがきをお得に印刷するならフタバ

フタバの喪中はがき印刷サービスは、今回紹介した9社の平均価格より安い価格で喪中はがきを印刷することができます。

宛名印刷と送料は無料でご利用いただけます。

利用料金(宛名印刷無し)宛名印刷料金送料最短納期
30枚 4,510円(税込み)無料無料最短で翌営業日発送

さらに、『年賀状はフタバ』のサイトから直接お申込みいただくことで、最大で50%割引の料金で喪中はがきを印刷することができるキャンペーンを行っています。

喪中はがきのデザインと挨拶文のテンプレートの種類を選ぶだけで、スマホから5分で簡単に喪中はがきの印刷を注文することができるので、忙しい方でも安心です。

 

=

まとめ

喪中はがきの印刷を印刷サービスに依頼する場合は、送料や宛名印刷などの料金を合わせた価格で考えることで、お得に印刷することができます。

早期割引やデザインについても合わせて考えることで、よりお得に納得のいく喪中はがきを印刷することができますよ。