年賀状を作成していると、メッセージを書き損じてしまったり、宛名や裏面のデザインの印刷ミスが起こってしまったりしてしまうことも多いかと思います。

実は印刷ミスをしたり書き損じてしまったりした年賀はがきは、さまざまなものと交換することができるのです。

今回は、ミスをした年賀はがきの交換方法などをまとめました。これから年賀状の作成に取りかかるという方もぜひ参考にしてみてくださいね。

印刷ミスをした年賀はがきは交換できる

印刷ミスや書き損じをしてしまった年賀はがきは、さまざまなものに交換することができます。喪中になってしまった場合や、年賀状を間違えて購入してしまった場合でも交換することができます。

どのような場合に交換できるのかについて確認してみましょう。

 

書き損じや印刷ミスをしてしまった場合

書き損じや印刷ミスをしてしまった年賀状は、全国の郵便局で新品の年賀はがきと交換することができます。

交換することができる期間は、郵便局で年賀はがきを販売している期間内です。1枚当たり5円の手数料が必要になります。

 

喪中になってしまった場合

年賀状を出す前に喪中になってしまった場合は、郵便局の窓口にて喪中になってしまった旨を伝えることで、新品のはがきや切手などと交換することができます。

手数料は必要なく、すでに印刷や書き込みをしている場合でも交換することができます。

 

購入する年賀状の種類を間違えた場合

「インクジェット用の年賀はがきと普通の年賀はがきを間違えて購入してしまった」といったように、年賀はがきの種類を間違えて購入してしまった場合は、郵便局で購入予定だった種類の年賀はがきに無料で交換することができます。

ただし、未使用の場合に限られますので、注意しましょう。

 

古い年賀状の場合

古い年賀はがきは郵便局で新品のはがきや切手などと交換することができます。

この場合は1枚あたり5円の手数料が必要になります。2018年以前の年賀はがきの場合は、販売価格が52円のため、差額分を含めた手数料の10円が必要になります。

 

交換できない場合もある

年賀はがきのあて名面の左上には「料金額印面」という切手と同じ役割を持つものが印刷されています。

この料金額印面が汚れていたり、破れていたりする場合は、交換することができなくなってしまうので注意が必要です。

ミスした年賀状と交換できるもの

新しい年賀状

その年の年賀はがきが販売されている期間内であれば交換することができます。

書き損じてしまった場合や印刷ミスをしてしまった場合は、新しい年賀はがきと交換して書き直しましょう。

 

通常のはがき

年賀はがきの販売期間を過ぎてしまった場合や、新しい年賀はがきが必要ない場合は、通常のはがきに交換することができます。

年賀状を出しそびれてしまった場合は寒中見舞いとしても利用するとよいでしょう。

 

往復はがき・ミニレター(郵便書簡)

往復はがきやミニレターにも交換することができます。ミニレターは便箋と封筒と送料がセットになったものです。

25gまでの薄い紙状のものを送ることができるため、写真やチケットなどを送る予定のある人は、ミニレターと交換してみるのも良いかもしれません。

 

スマートレター

スマートレターは、1kgのA5サイズまでのものを全国一律の料金で送ることができる封筒です。

スマートレターと交換する場合には、年賀はがき(63円)とスマートレター(180円)の差額と手数料を差し引いた金額の122円が必要になります。

 

レターパック

レターパックはスマートレターよりも大きいものを送ることができる封筒です。A4サイズの4kgまでのものを全国一律の料金で送ることができます。

レターパックには「レターパックプラス」と「レターパックライト」の2種類があり、それぞれ送れるものの内容や料金が違います。

レターパックプラスはA4サイズの大きさで重さが4kg以内のものであれば、厚さに関わらず利用することができ、料金は520円です。

レターパックライトは暑さが3cmまでに制限されており、料金は370円です。

年賀はがきと交換する場合は、スマートレターの場合と同じく、年賀はがきの63円から手数料5円を差し引いた金額との差額を払うことで利用することができます。

 

切手

切手やゆうパックの送料とも交換することができます。

あれば何かと便利なものですので、はがきを使わない場合はとりあえず切手と交換しておくのが良いかもしれませんね。

交換する以外の活用方法

寄付をする

印刷ミスをしたり書き損じてしまったりした年賀はがきは、慈善団体や国際協力活動団体に寄付をすることができます。

寄付できる年賀はがきの条件として、

①私製はがきではない
②料金額印面が汚れたり破れていたりしていない
③投函されていない

の3つを満たす必要があります。

さまざまな団体が寄付を募っていますので、すぐに処分してしまうのではなく、有意義な活用の仕方を考えてみても良いかもしれませんね。

寄付できる団体は以下の通りです。

「日本ユネスコ協会連盟」
https://www.unesco.or.jp/terakoya/kakisonji/
年賀はがきをまとめて送付することで、世界寺子屋運動で活用してもらうことができます。

「日本盲導犬協会」
http://www.moudouken.net/support/kojin/other.php
年賀はがきを送付すると、日本盲導犬協会が切手と交換して通信費として活用してもらうことができます。

「日本点字図書館」
https://www.nittento.or.jp/support/various.html#card
年賀はがきを送付すると、日本点字協会が切手と交換して通信費として活用してもらうことができます。

「チャイルド・ファンド・ジャパン」
https://www.childfund.or.jp/support/postcard.html
年賀はがきを送付することで、子どもたちが勉強をする際の手助けにつなげることができます。

 

金券ショップに買い取ってもらう

印刷ミスをした年賀はがきや、書き損じた年賀はがきは、金券ショップで買い取ってもらえる場合があります。

しかし、ほとんどの場合は未使用の年賀はがきのみ買い取りになります。そのため、現金に換えられる可能性はあまり高いとは言えません。

書き損じた年賀状は修正しちゃダメ?

ここまでミスをした年賀状と交換できるものや活用方法について紹介してきましたが、「書き損じた年賀状は修正しちゃダメなの?」と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに、1文字だけ間違えてしまった、もしくは抜けてしまったといった場合は、修正液や修正テープを使えばよいのではと考えてしまうかもしれません。

しかし、年賀状は新年を迎えた際の挨拶になります。ですので、書き損じた年賀状を修正して出すことは失礼に当たります。

特に、宛名面を書き損じてしまった場合は大変失礼に当たりますので、特に注意しましょう。

お年玉くじは印刷ミスした年賀状でも対象

お年玉くじ付きの年賀状は、印刷ミスや書き損じをして未投函のものでも対象になります。

そのため、当選番号を確認してからの交換を検討することをおすすめします。

ただし、当選番号の発表は毎年1月の中旬頃に発表されるため、新しい年賀はがきと交換して書き直したいという方は、当選番号の発表までに交換をしなければなりませんので、注意しましょう。

フタバの年賀状印刷サービスならミスなく印刷できる

ここまで年賀状のミスの対処法について紹介してきましたが、「できれば印刷ミスをしないで年賀状を印刷したい……」と考えていませんか?

確かに、印刷ミスが無くなるだけでも、年賀はがきを無駄にすることなく楽に年賀状を作ることができますよね。

そんな方には年賀状印刷サービスがおすすめです!年賀状印刷サービスを利用すれば、宛名や裏面デザインをミスなく印刷することができます。

年賀状印刷サービスのなかでも特におすすめなのが、フタバ年賀状の年賀状印刷サービスです。

 

豊富なオリジナルデザイン

フタバの年賀状印刷サービスのデザインは、50名以上のデザイナーによって手掛けられたオリジナルのデザインを豊富に取り揃えております。

俳画作家や絵手紙アーティスト、イラストレーターなど、さまざまな分野の方による思いが込められた、あたたかみのあるデザインをお選びいただけます。キャラクターアイテムも積極的に取り入れており、楽しい年賀状を作ることができます。

もちろん、写真入りの年賀状を印刷することもできます。

 

宛名印刷の印刷費が無料

フタバの年賀状印刷サービスなら、宛名印刷の印刷料金を無料で利用することができます。

ご自宅にお届けする送料も無料ですので、お得にご利用いただけます。

 

30年の経験とノウハウによる確かな品質

フタバの年賀状印刷サービスは、これまで30年以上の年賀状印刷の経験とノウハウを培ってきました。

また、2007年よりISO9001の認証を取得しているため、高い品質を保証いたします。

その他にも、Pマーク(プライバシーマーク)を取得済みであることに加え、独自の生産管理システムを導入してリアルタイムで工程を共有することができるなど、お客様に安心してご利用いただける環境を整えております。

 

簡単申し込み

フタバの年賀状印刷サービスはネットから簡単操作でお申込みいただけます。スマホからでも申し込みができるため、5分でお申し込みを完了できます。

また、ご利用料金のお支払いはコンビニ後払いもご利用いただけるため、大変便利です。

年賀状印刷はフタバ

まとめ

年賀状を作成していると、どうしても書き損じや印刷ミスが出てしまいます。

その場合でも、書き損じや印刷ミスをした年賀はがきはさまざまな形で活用させることができるため、すぐに処分せずに使い道を考えてみるのも良いかもしれませんね。

また、印刷ミスは年賀状印刷サービスを利用することでなくすことができます。

フタバの年賀状印刷サービスなら、高い品質で豊富なデザインの年賀状を印刷することができます。年賀状印刷サービスのご利用をお考えの際は、ぜひフタバの年賀状印刷サービスをご利用ください。